2018.03.03 スーパーラグビー・サンウルブズ対レベルズ戦の個人的雑感

前半のトラブルを考えれば、よくぞこの点差で収まったな…というのが正直な感想である。

サンウルブズは前節で負傷者を何名か出しており、この日はスタメンを6人入れ替えた。そんな心機一転の試合だったが、この日もなぜかけが人に泣く。パーカー、ラファエレ、山田…BKの主要なメンバーが次々と離脱。特に山田との入れ替えでは、本職がFLの徳永を入れざる得ない事態となった。
レベルズの攻撃はマフィとSHゲニアを活かした展開攻撃。シンプルだが、とにかく手を焼いた。突破力のある二人をマークしようとすると、今度は外側のディフェンスが薄くなる。取られたトライは外側に固まっていた。また、スクラムは強く、ラインアウトのプレッシャーもモールを組みたいサンウルブズにとっては、苦しさを増させてしまった。

しかし、あえて言えばそれでよく20点差に抑えたと私は考えている。もっと差が広がってもおかしくなかった。もちろん、ラインアウトのミスや攻撃時のスピード不足に物足りなさは感じる。ただ、この日は軸を揺るがせる要素が多数あった中で、綻びずにゲームを遂行できていたのではないだろうか(最後のカークのプレーくらいか? これは非常に残念だった)。

けが人が多数発生する中、厳しい南アフリカ遠征にサンウルブズは向かう。実力差を考えても、あまり勝利を望むのは酷な相手である。そんな中で、あえて要望を出すならば「後半最初の10分」でどれだけ質の高いプレーを見せてほしい…ということになる。この2試合で最もミスが目立ち、失点を喫した時間帯だ。ここをいかに引き締めた試合ができるかで、3月末から4月上旬にかけての秩父宮シリーズ第2幕の成否がかかっている

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

どうもです。このサポートの力を僕の馬券術でウン倍にしてやるぜ(してやるとは言っていない)

どうもです。サンウルブズで好きな選手はロビンソンです
2

和良 拓馬

Sports Short Films

自称インディーズスポーツライターの当方がつらつらと記した文章をひたすら載せていくマガジンです
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。