見出し画像

「自分」 1年・監物拓歩

平素よりお世話になっております。今回、ブログを担当させていただきますスポーツ科学部1年の監物拓歩です。

今回私は、高校時代からの「自分」を書かせていただきます。拙い文章ですが、最後までお読みいただけたら幸いです。


私は高校生の時、大学に進む気は全くありませんでした。なぜなら、プロに上がれると確信していたからです。私は、中学3年生から世代別日本代表に呼ばれていました。そのため、変なプライドが出来てしまい自分を過信していました。


高校3年の時、自分がプロに上がれないことを知りました。その時になって初めて、自分の力の無さに気づきました。しかし、今考えてみると自分の力の無さを知れる場面は数多くあったと思います。

代表に呼ばれても試合に出られなかった時。
自分のミスで失点し負けた時。

気づける場面などいくらでもあった、というより気づいていたのかもしれない。
しかし自分は代表だから、1年の時から試合に出ているからと、現実から逃げ気づかないふりをしていたんだと思います。


私は、プロに上がれなかったことにより多くのことに気づくことができました。
そして、変わるきっかけになったと思います。

今までしたことがなかった自主練を始め、自分の身体のことを気を使うようになり、変なプライドが消えたことによりサッカーを楽しめるようになって、

最高の仲間と日本一を経験し、

そこからの時間はとても充実し、人生の中で1番と言っていいほどサッカーを楽しみ、サッカーのために動いていたと思います。

今、自分は壁に直面しています。
大学に入り環境が変わった中で、自分の思ってるようなプレーが出来ず理想と現実がかけ離れ、とても苦しい状況ではあります。

しかし、今まで以上に自分の弱みに気づける事をプラスに捉え、成功ではなく自分の成長のために日々努力していこうと思います。


現実を見ることが、
夢を見ることだから


最後までお読みいただきありがとうございました。


監物 拓歩(けんもつ たくむ)
学年:1年
学部:スポーツ科学部
経歴:清水エスパルスジュニアユース(沼津市立沼津高校中等部)→清水エスパルスユース(沼津市立沼津高校)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

22

早稲田大学ア式蹴球部【公式】

「日本をリードする存在になる」というビジョンのもと日々活動する部員の「心の内」を明かしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。