ファッションの概念はもう変わった。

小学生の時から一人で服を選んで買っていた。おばあちゃんが変な服を買ってくるのが嫌で、自分で買うからお金をくれと言って、近所のスーパーでお金をもらって好きな服を買った。そうやって自分で選んだ服は本当に気に入って擦り切れるまで着ていた。小学生の頃はシグマの白いスニーカーばっかり履いた。白と黒が一番かっこいいと思っていたので、シグマのスニーカーに合わせたのは、白のハイソックスでアーノルドパーマーの傘のマークがワンポイントで入っているのだけ、好んで履いた。帽子は白と黒が入っているという理由から、最高にかっこいいと思っていた阪神の帽子をいつもかぶっていた。そんな小学生だった私がこれになります。

その後、中学生の時にmc sisterという雑誌の虜になり、トラッドやカジュアルの世界に傾倒した。高校生になるとSPURや流行通信という雑誌のハイファッションに憧れを持ち、19でファッション系の専門学校に通い、ハイブランドの服をバイトしながら無理やり購入した。当時、私は運良く雑誌の編集部でアルバイトをすることができ、3年間ファッション雑誌でアルバイトをした。雑誌の作られ方をその時に学んで、自分が盲目的に信じていたその世界は、誰かによって作為的に作られていることを痛感した(めっちゃ面白かったけど)。

そして、無理に気がついて経済的に優しい古着を着たり、シンプルで自分に似合う服を探すようになった。当時、雑誌を切り抜いて、自分がかっこいいと思うをまとめていた資料がこれになります。

30代になると子供が生まれ仕事と子育ての両立で必死だった。赤ん坊のよだれとお乳まみれになるので、とにかく汚れてもいい服で、動きやすいことを重要視して服を選ぶようになった。ファッションは自己表現という概念がここで崩れ去った。服は機能的であるべきだという考えが最も際立った年代だと思う。40代になって、少しだけ子供の手が離れ、ファッションにもう一度向き合ってもいいかなという気持ちになった。

今どんな服を着たいかということを改めて考えて、服を開発しています。(わざわざではオリジナルで服も開発しています。)

あなたは今、どんな服を着たいですか?

本当に心に向き合って考えてみて下さい。オシャレは我慢してするものとか、モテるにはこれとか、流行っているからとか、他人の目線を捨てて、本当に自分が着たいものを考えてみて下さい。

私にとって服選びに関して一番大事なものが「着心地」です。まず着心地がよいことが自分らしくいられる一つの重要なファクターになります。着心地が悪い服のことを考えてみてください。暑い日に蒸れる、寒い日に寒い、窮屈だったり、体に締め付けた跡が残ったり、あせもができたり、日々生活する中で不快になるその原因は、何気なく選んでいるその服ではないですか?

服には二つの側面があります。

1.身を守る→快適性や着心地など自分が感じるもの
2.印象を作る→趣味・志向など他者からの見た目、自分がこうありたい姿

ちゃんと二つの基準を満たして選べている人は少ない

なぜかというと、ファッションは常に2番の思考によって作られてきたからです。ファションの世界は、コレクションがまずあり、そこから流行が降りてくるという形で作られてきました。見知らぬ誰かが作ったかっこいいの価値基準を享受するのがファッションの世界でした。コレクションからファッション関係者へ、そこからアパレルに伝わり、その後に雑誌に掲載され、私たちの手元に情報が来るというのがスタンダードでした。だから、私たちは常に誰かがかっこいいと定義していたものを、数年後に買うということを繰り返していたのです。

しかし、時代はどんどん変化しています。ファストファッションが出てきたことで、安く早く流行に乗ったものを着られるようになったり、定番商品も安く簡単に手に入れられるようになりました。価値観は多様化し、様々なジャンルの服が着られるようになっています。

今、私が提案したいことはこの両極面からよいと思う服の選び方。着心地で自己の健全な生活を確保し、さらに見た目の印象を作っていく。こうありたいと願う人物像に服で近づけくこともできるのです。服は必要なもので、私たちは毎日着なくてはなりません。その必要不可欠が快適であり、さらに自分らしくあるために見た目を形作ることを、知ってもらえたら嬉しいです。

ジーンズは、概念だけ活かしたらいいと思う

1870年、ゴールドラッシュに湧く北米の鉱山で働く鉱夫の悩みは、作業中にズボンがすり切れてしまうこと。仕立て屋は、既に設立されていたリーバイス社のリーバイ・ストラウスから仕入れたキャンバス生地を用いて銅リベットでポケットの両端を補強した仕事用パンツを発売し、これが鉱夫らの好評を博した。ジーンズは最初、鉱夫らの作業着であった。

(wikipediaより引用)

ジーンズは鉱夫の悩みを解決したワークパンツでした。ハードな仕事をする鉱夫の作業に耐えうることが必要だったので、丈夫ということが最優先され作られたパンツです。私もジーンズが大好きでしたが、PCに座って長時間する仕事などには全く向いてないことに、薄々気がついて我慢して履いていました。ウエスト部分を締め付けられ、太ももも常に引っ張られているような状態で、生地は厚く汗をかくと不快感があります。私たちは今、鉱山を掘るようなハードワークを殆どしないのです。かっこいいという2番の志向だけでジーンズを選んできたことが、そもそも間違いだったと思います。

おしゃれは我慢の呪縛を取り払いたい

ファッションはずっと好きで、雑誌などを読み込んだ知識やコレクションラインを見続けた結果、私にはかなり固いファッション志向が形成されていました。特に縫製やディティールにこだわりがあり、より伝統的に作られていた方がかっこいいという考えからなかなか離れることができませんでした。

昔ながらのボタンフライが好きでしたし、トイレにギリギリで駆け込んでチビリそうになっても、お洒落は我慢するものと思い込んでいました。だけど、30代の子育てと開業が重なって、忙しさが尋常でなくなった時にやっとその殻を破ることができました。着心地がいいのが一番。それでいておしゃれもできることに段々と気がついていったのです。

だからみんなの「おしゃれは我慢」の呪縛をできることなら取り払ってしまいまいたいと思っています。着ていて気持ちがよいと感じるサイズ、素材、形とはどんなものなのか、暑い、寒いなどの季節による違いはどうやって緩和するべきなのか、そういった機能性を理解してから、デザインや見た目の部分を補填してくという服選びについて考えていきたいと思います。

もう一度復習です。おすすめの服の選び方はまず、機能性・快適性を満たしたものを選んでから、印象を作る方法です。

服には二つの側面があります。

1.身を守る→快適性や着心地など自分が感じるもの
↓ 
上記条件を満たしたものの中から
2.印象を作る→趣味・志向など他者からの見た目、自分がこうありたい姿

ボトムスを履き比べてみました。

一般的なジーンズともんぺを履いてみました。どちらも私物でジャストサイズのものを履いています。簡単に着心地を表現すると、以下のような気持ちです。

ジーンズは、体を型に入れる。

もんぺは、体に型が合わせる。

もんぺに出会ってから、あれほど好きだったジーンズを履くことは、本当に少なくなりました。理由を見ていきましょう。

目をつぶっているのはご愛嬌。上の写真はジーンズを履いています。

こちら、わざわざオリジナルもんぺのデニムを着用しています。実際の見た目はさほど変わりはありません。あぁジーンズだなとあぁなんかのパンツだなという印象でしょう。

ジーンズで座ってみました。お腹、お尻、太もも、様々な場所が引きつって圧迫されています。このジーンズは29インチでかなり緩いサイジングのものを履いていますが、立っているとそこまで感じなかった窮屈さが、座ると急激に圧迫感を感じて苦しい感じがします。とは言ってもこれくらいなら大丈夫かなと言う気もしていました。

だけど、もんぺに履き替えて座った瞬間に、天国かと思いました。全く圧迫される箇所がありません。ジーンズから履き替えると、これはもう裸に近い感覚です。楽すぎる。

しゃがんでみました。これはもう絶句です…。雑巾掛けなんて絶対したくないですし、お金を落としても拾いたくないレベルで不快を感じます。締め付けがすごい。ずっとかがんでいたら痺れるかもしれません。

もんぺに履き替えました。いくらでも雑巾かけれられます。はいよ!ささっとかけちゃうよ!って感じです。楽々〜〜

改めて、ジーンズと遠くから見た目ほとんど変わらないですが、快適性能は全く違います。みんな、目を覚ますんだ。

じゃあ、ストレッチならいいんでしょ?という声もあるかと思いますが、結局、肌にどれだけ触れるかということが快適と不快をわけるのです。常に肌に密着している服を着ていると、体に風が届かないので非常に暑く感じます。また汗もそのまま服にしみていくので、汗じみの原因になります。もんぺと肌の間には少し距離が生まれています。抜群のサイジングで生まれた空間が、着心地がよいと感じさせるのです。

夏にジーンズを履いているなんて、もうそんなことから卒業してもらいたいなぁ。そりゃあ、哲学で履いているならいいんですよ。もし、惰性でジーンズを履いている人がいたら、次のパンツはもんぺに挑戦してもらいたいです。チノパンにも同じことが言えます。わざわざにはチノモデルのもんぺもありますよ。

印象の作り方については、先日の投稿の最後のもんぺファッションをご覧ください。同じアイテムでも複数の印象を作ることができます。

ということでもんぺ博やってます。

毎年夏のお楽しみ、もんぺ博。今年は会場をわざわざ倉庫に移して、最大規模で行います!うなぎの寝床のもんぺがわざわざに大集合。今年の春、福岡県の坂田織物に行って、平田が選んだ生地でのオリジナルもんぺもずらっと並び、総勢1200本以上のもんぺをずらっとご覧いただけます。


(開催期間)
7/5(木)、6(金)、7(土)、10(火)、11(水)、12(木)、13(金)、14(土)の11時から16時

(場所)
わざわざ倉庫
長野県東御市下之上432-1 TEL/0268-75-0098
迷った時はお電話お気軽にくださいませ。旧永井精穀跡地です。

(スペシャルイベント)
7/14(土) 13:00から15:00 スペシャルトークイベント
白水高広(うなぎの寝床)
木村昌史(オールユアーズ)
平田はる香(わざわざ)

テーマ『服(ブランド)の作り方、服の伝え方』
今回のトークイベントにはオールユアーズの木村さんもお呼びして、3社の服の作り方、伝え方を徹底討論いたします!かなり熱い議論になると思います。入場無料です。ぜひお越しくださいませ。この日はオールユアーズの服も購入できますよ!

もちろん、わざわざオンラインストアでもお買い求めいただけます!

ということで、もんぺ博PR担当平田が本日もお伝えいたしました。最後まで読んでくださってありがとうございます。先日から、noteのアカウントを持っていない人も♡いいねが押せるようになりました。みなさんのいいねだけが励みでこれを書いています。どうぞ、平田のモチベーションを保つためにも♡を押してあげてください。明日からきっといいことありますよ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ♡
738

平田 はる香

2009年に長野県東御市の山の上で、「パンと日用品の店わざわざ」を開業しました。一人で始めた店にだんだんと人が集まり、実店舗とオンラインストアでパンと日用品を販売しています。2017年に株式会社わざわざを設立。代表取締役兼何でも屋。

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
9つ のマガジンに含まれています

コメント3件

森のようちえんでこどもや保育者自身がもんぺを着るシーンが増えています◎
こどもの着心地、洗濯のしやすさ、手直しのしやすさなど機能的な面はもちろん、ファッション的な面を踏まえても、保育者、保護者にも人気です◎
教育業界でもさらにニッチな世界ですが、ぜひそちらにも目を向けていただけるとうれしいです^^
僕ももんぺ愛用してます^^
西郷と申します!オシャレは我慢の呪縛から取り払いたいの言葉にとても共感しましたもんぺ履いてみたくなりました
僕は哲学でデニムを履きます!
とても興味深かかったです。
ですが冒頭の一言で察してください、僕は逆を行きます(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。