座談会#2「キラキラ女子は敵だ! 」

座談会第2弾です。ソロ女のそれぞれのプロフィールはこちらを参照。

#2 ここから→はじまりはじまり! 


矢島 結婚したくない男はなんでしたくないんですか?

司会 金が無いから結婚できないというのが通説になっていますが…

矢島 金がないから?

佐藤 どれくらい年収があればいいっていう認識なんですかね、今は。

司会 男性の認識は400万円台、実際結婚しているのは300万円台。

石田 プライドの問題じゃない?

司会 男は、年収400万になるまでプロポーズもしてはいけないって思っちゃうんですよね。

石田 400万でプロポーズできるなら300万でしやがれって思わない?

一同 ははは! 

佐藤 こらこら、すごく高見から見ている意見ですよ。

司会 300万と400万との間にすごい壁があるようですよ。

石田 はー!

佐藤 今、たいして変わんないよって思ったでしょ。

石田 笑

澤上 それって、男が養わなきゃって思ってるからですか?

司会 そうです。

澤上 女性も養われたいって思ってるんですか?

司会 女性の3割は専業主婦になりたいと思っていますね。

澤上 でも男性はそういう人をお嫁さんにほしいんですか?

司会 たいして自分に年収がない男に限って、専業主婦願望の女性を求めるんですよ。矛盾してますが。

澤上 だから結婚できないんだ…。

浅野 なめたこと言ってんじゃないよ。

佐藤 こっちから願い下げだよね~。

石田 ターゲット外だよね。私、真面目に計算したことがあって、年収がいくら以上っていうのをみたら世の中に200人くらいしかターゲットがいなくて衝撃を受けたの。

浅野 私もやった。東京で49人しかいない。

佐藤 49人?なにそれ。

司会 実は面白いデータがありまして、未婚男は人口的には未婚女性より300万人以上多いんです。完全に男過多、男余り(※20~50代男女比較)。でも、そこにはそもそも結婚したくない男性も含まれています。それを差し引いていくと、逆に女が120万余る計算になる。結婚できない女が120万人もいるってことになるんです。

伊達 ヤバい。あたし、120万分の1だ。

司会 正規雇用の女子の生涯未婚率は男よりも高いんです。職業別で言えば、女医さんとかライターさんとか生涯未婚率が高い。年収が高い女性ほど結婚できないという傾向があります。

澤上 そもそも年収の高い女性は年収の低い男性を選ばないんですか?

司会 自分より年収の高い女性を男性側が選びたくないっていうのがあります。

伊達 未だにそうなんだ。

一同 へー

石田 私の実感値としても、結婚できないっていってる男性より、結婚できないって女性の方が断然多い気がします。

伊達 まだまだいけるって思っちゃう。

矢島 それとは別の話なんですけど、いい女よりいい男が圧倒的に少ない感じがします。

一同 笑い

石田 おもしろい!

矢島 たとえば10対10で合コンするとするじゃないですか。女の子って合コンとかだったら、おしゃれするしメイクもちゃんとするし、10人いたら7~-8人くらいはデートしてもいいかなレベルだと思うんですよ。

石田 それ!

浅野 完全に、男目線。

矢島 だけど、男って10人いてもデートしたいと思うのって1人か2人。あとの8人はなし!

司会 なしって、どういう男が来るんですか?

矢島 まず清潔感がないとか、合コンの場なのにちゃんとした服を着てこないとか、臭いとか。

司会 臭い?

矢島 ね?いるよね?

澤上 男性の方が、女性なら誰でもいいじゃないですけど、ハードルが低いというか、許容範囲が広いんじゃないですか?

伊達 男子の方が狭いんじゃないの?

澤上 でも(男は)好きじゃなくてもやれる。

伊達 あーそっちの話か。

浅野 性欲で見れば、男はやろうと思えば誰だってできるわけじゃん。

伊達 好きじゃなくても?

石田 あー、でも年々「こいつ中身も含めていいな」と思わないとできなくなった。

矢島 それはそう。誰とでもはできない。

司会 そもそも中身を重視するんじゃないんですか、女子って?

矢島 でも外見も重要じゃないですか。

澤上 直結してますもんね、雰囲気だから。

矢島 清潔感と不潔感のレベルが男性と女性ではそもそも全然違うから。スーツがよれよれとか、靴が汚いとか、鞄がボロボロとか。

浅野 もはや姑だよ。

矢島 ちゃんとした状態で来てほしいの。

浅野 そんなの付き合ってから変えられるよ。

石田 確かに変えられるところではある。

佐藤 それは男性と女性との間の永遠の課題じゃない、汚いとかダサイとかさ。

矢島 で、何が言いたいかっていうと、まともな男は1~2人なので女子はそこに集中するってことなんですよ。競争率が全然高い。さっきの話とかけあわせると女性がいかに大変かということです。

石田 そもそもの数の問題と質の問題。

矢島 そうそう、そういうこと。

司会 合コンに適当な格好で来る男って、そもそも本気じゃないんじゃないですか?

矢島 彼的にはちゃんとしてると思っているんだと思うんですよね。けど、私からしたら「そのスーツなんだよ、どこのだよ、その鞄どこのだよ」って感じ。

全員 きびしい!

司会 それってさっきの年収での足切りと一緒じゃないですか?

矢島 そうかもしれないですね。

佐藤 女の子は小さい時からおままごとしたりとか、自分をプレゼンテーションする能力にたけているけど、社会人の新人見てても思うけど社会の中でうまく見せるとか、男の人はあんまりうまくなくて、男は自分が狩りしてとってくれば済むけどさ、女子は組織の中でうまくやるというのが必要で育ってきてるからさ。

石田 見た目部分で評価される割合が女の人のが多い。

浅野 多い。

矢島 確かにそれはそうだ、そう。

浅野 こないだ衝撃受けたのが、20代の男の子が「僕は見た目が最優先で中身どうでもいい」みたいなこと言ってて、「えーっ!」とか思ってたら、「だってトレカとかキラキラしてるやつの方がほしいじゃないですか」って。

佐藤 女はアクセサリー扱いなんだね。

浅野 アクセサリーで見せびらかしたいわけじゃないんだけど、純粋にカードはキラキラの方がうれしいみたいな。でもキラキラカードだからって攻撃スキルが高いとも限らないよねと言ったら…。

石田 とりあえず持っておきたいってこと?

浅野 将来はわかんないですけど、今はキラキラがうれしいって言う…

佐藤 何歳?その男が40になった時にもそれを言ってるかだよね。

矢島 40になってもそういうこと言ってる男、私知ってる。

石田 私も知ってる。年とって、スペックがあがればあがるほど上質なアクセサリーを求めるよね。

浅野 でもさ、そういう見た目だけの女子ってなんにもできないんだよ。攻撃スキルなんにもないんだよ。

石田 男の方に攻撃スキルあるじゃん。

佐藤 だからいいんだよ。

浅野 ああ、なるほど…。

佐藤 女は箱でいいんだって、中身なくても。キラキラしてればいいんだって。彼にとってはそれが一番の価値だから、別に攻撃力や守備力が高いとか問題じゃなくて、きれいで若いってことが一番だから、そこは譲れないって言ってた。

石田 そういう分析志向が結婚できない女の特徴なんじゃないかと思うんだけど。

佐藤 私たちはキラキラしてなくて、中身で勝負したいと思っているから、キラキラなのをディスってるってことでしょ。

司会 みなさんは、いわゆるキラキラ女子をどう思っているの?

伊達 チョーうらやましい。

浅野 うらやましい。

佐藤 ええ?私はうらやましくない。

石田 うらやましくないって言いたい! 

一同 笑

つづく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

何か少しでも価値を感じていただけたら、サポートお願いします。

ツイッターもやってます。ぜひ見に来てください!
10

荒川和久@「ソロエコノミーの襲来」著者

4月8日に新刊「ソロエコノミーの襲来」が発売です! 「超ソロ社会」「結婚しない男たち」も引き続き。東洋経済等でコラム執筆したり、テレビ・新聞によく出ます。独身研究家として活動させていただいてます。メディア出演・執筆・対談・講演のご依頼はFacebookメッセージからお願いします。

結婚できないのは男のせいだ!

独身研究家の荒川が送る「結婚できない女たち=ソロ女」の生態を座談会形式の生声で明らかにしていくセミドキュメンタリーマガジンです。タイトルの意味は最期にわかります。

コメント1件

仮想通貨ビットコインのニュースそうだったのか!さん
ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。