見出し画像

#デザイナーになる トークイベントレポ

 8月9日(金)、こちらのトークイベントに友人と行ってきました!

 書籍『[新版]デザイナーになる!』の発売記念イベントです。

 私はデザイナーではありませんが、同人誌などの作成経験からデザインの領域にも関心はあること、前職が広告業界関連ということ、そして、この会場「BOOK LAB TOKYO」でのイベントには割と好みのものが多いため、今回も参加することにしました。

「個人個人と向き合いたい」という思いから独立し、「アトオシ」という屋号で活動されている、デザイナーの永井弘人さん。
 ロゴデザインを中心としたお仕事をされているそうです。
「これはあくまでも僕の考え方で、人によって、デザインに対しての考え方も違うと思います」という優しい前置きから、トークイベントは始まりました。

(以下、永井さんのお話は「引用」として載せ、それに対して私が考えたことなどは地の文で書きます)

 デザインによってどのような問題を解決するか。目的を逆算してデザインをする。理念や方向性を共有するためのものとして、デザインがある。
「いいデザイン」というものは、評価軸によって異なってくる。好みではないようなゴチャゴチャしたデザインでも、売り上げに繋がりやすく経営面では優れているようなこともある。

 デザインには「認知」「印象」「独自性」の3つの要素がある。この要素をどう盛り込むか。どれを極めるか。

 例えば、代官山の焼肉屋「Kintan」。ここのロゴデザインは「ゆだねる」ことをテーマにして、あえて、少し読みづらいデザインにした。代官山に来る人相手なら、ある程度、文字が読みづらくても読み取ってもらえる、読み手に委ねてもいいかな、と思って作成した。▼

 長野県大町市の写真館「イソガイスタジオ」のロゴ。大町市はアクセスは悪いけれど、ロケーションは絶景。そんな、アルプスの山々をイメージしたデザインにした。▼

 香川県讃岐高松「地濱水産」の海苔のパッケージ。「一年でいちばん美味しい時期にとれる海苔なので、味には自信がある。その自信を堂々と、且つ、親しみを持てるように」というイメージをデザイン。▼

ジャージ女子の写真アーカイブサイト。ジャージの持つアクティブさと、女子らしい丸みを帯びたデザインのロゴに。▼

※この案件に関しては、以下のnoteにも制作の背景について書かれています。

「丸みを帯びたデザインが、女子っぽさを表している」というお話は、個人的には興味深いポイントでした。
 揚げ足を取りたいわけでも、ポリコレ的な観点から批判をしたいわけではありませんが。「丸みを帯びたデザインは女性らしい」というイメージは今後どこまで有効なのだろうか、ジェンダーに限らず、特定のテーマから想起させるモチーフと「規範、偏見」の関係はどのように変化するだろうか、デザインにどのような変化が現れるのだろうか……ということには以前から関心があります。

 仕事の依頼は、家族の友人の繋がりだったり、たまたま行った演劇で隣り合わせた人だったり、偶然の出会いで良い仕事をいただくことが多い。新規のお客様には「なぜ、ウチを選んだのか」ということをヒアリングしている。すると「ランサーズじゃイヤだけど、大手に頼めるほどのお金も出せない」というケースが多い。

 ヒアリングは大切にしている。最近はSkypeなどもあるけれど、初回提案は必ず対面で行うようにしている。クライアントが「いいですね」と言っていても、どういう思いで「いい」と言っているのか、表情からも汲み取りたいから。

 仕事で心がけていること。エンタメはチェックするようにしている。趣味というわけではく、好みではなくても、トレンドのものは知っておくようにする。
 友人との会話や、2ch(5ch)のような匿名掲示板の内容も重視している。SNSはタテマエも多い。名前を出して堂々とは言えないようなことでも、「あれについて、実際どう思ってる?」と直接会話すると、本音が聞けることも。
 妄想も大事(笑)。妄想は脳内の筋トレ。

 お客様から「A」と言われたら、言われたことをそのままするのではなく、「B」や「A'」も提案できるようにする。
 あなたが、日常で「嬉しい」と思うときって、どんなとき? 紙に書き出してみよう。

「日常での、嬉しいと感じること」。
 私が書いたものは、こんな感じ。

 疲れたときに食べるラーメンやジャンクフード。
 エアコンの効いた部屋の扇風機。
 かわいい猫画像。
 気になる人のちょっとした仕草。
 驚くような現代アート。
「ここまでやるのか!」と思わせられてしまうような演劇。
 銭湯の交互浴。
 仕事で契約が取れたとき。etc……

 ほかの人は「レシートで会計にゾロ目が出たとき」「お客様の緊張が解けて、やわらかい空気になったとき」「いつもよりも早くバスが駅に着いたとき」などの意見を挙げていました。

 お客様と接するとき、「仮説を立てること」が大事。誰が何を考えているか、合っているか間違っているかはともかく、会話や表情から「こう考えているんだろうな」ということを汲み取ろうとすることが大事。
 デザインは、「言葉に起こせること」が重要。日常の「いいこと」と向き合って、言葉にする習慣をつけることが大切。

 永井さんは、「言葉にすること」の大切さをたびたび強調されていました。私もいろんなアイデアをよくメモしますが、言葉にしておくと検索性も高まりますし、言語化するスキルも身につくので積極的に心がけています。

 専門学校を出て15年経つけど、当時の仲間で、今もデザインの仕事を続けている人は1割もいない。本当は続けたかった人でも、終電帰りがしんどいなどの理由で辞めてしまう人も多い。
 これからの時代は「土俵をミックスさせること」が大事。技術の高さではなく「あの人の生き様が魅力だから」という理由で発注する人は増えていく。
 ほかの人と同じ土俵で戦おうとすると、先駆者や若い人にはかなわない。

 パラレルキャリアの文脈でよく出てくるような「肩書きの掛け算」についてのお話もありました。
「商材そのものの魅力ではなく、営業マンの魅力で買ってもらうことを目指す」と考えると、営業の仕事にも活かせそうだなと思ったりもしました。(私は最近転職し、先月から営業職です)

 20代前半のうちにデザインの基礎を身につけ、20代中盤〜後半には、客観的にも分かる結果や実績を出しておくと良い。
 歳を重ねると徹夜ができない、家庭を持って挑戦がしづらくなってくる……などの問題も出てくる。

 アートは、自分の内側からひねり出すもの。デザインは、クライアントとのセッション。(アートとデザイン、その両方を行き来するようなデザイナーもいる)

 質疑応答も、ユニークな質問が多く参考になりました。

Q. スライドに出てきた、正円ではない少し横長の円グラフ。どういう意図でデザインしたのか。
A. このトークイベントは、「勉強会」のような感じにはしたくなかった。なので、人のやわらかさを意図して少し丸みを帯びたものにした。
Q. クライアントに求めることは?
A. デザイナーを信じて欲しい。段階にもよるけれど、事細かなデザインのリクエストは必要ないかも。「青が好き」とか、そのくらいことは伝えてもらって構わない。
「フンワリしすぎず、丸投げしない」というくらいの感じがいい。

 この「フンワリしすぎず、丸投げしない」というのは、美容院でのカットの要望についても言えそうだな……なんてことを思いました。

Q. ロゴ作成のヒントにしているものは?
A. 三省堂の、行書・楷書辞典などを参考にした。
 大型書店で「文字の骨格についての本を探しているのですが」と相談して探したりすると見つかる。
 文字の成り立ちを知った上で、それをどう活かすか、あるいは外すか。
 由来や目的を知った上で外すと筋が通るので、そうやって遊んでみてもいいのかも。

 そんな感じで盛り上がった、永井さんのトークイベント。
 会場では、ロゴを使った実際の商品や名刺、ショップカードにふれることもできました。

 行ってよかったです。プロのデザイナーではなくても面白く聴けましたし、もっとデザインについて勉強してみたくなりました。一緒に行った、新人デザイナーの友人にも勉強になったみたいで。よかった。
 転職して終業時間が読みづらくなり、最近はこういったイベントにもあまり参加できずにいましたが、これからも時間を見つけてあちこち顔を出したいです。

※参考
 永井さんTwitter https://twitter.com/hirotonagai
 永井さんnote https://note.mu/hirotonagai
 アトオシ  公式サイト https://atooshi.com/

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

より素敵なものをお届けできるよう頑張ります。よかったらブログにも遊びにきてね。http://www.wuzuki.com/

ありがとう!ブログにも遊びにきてね。
9

まくはり うづき

営業会社勤務。noteは漫画、短歌、詩、写真、エッセイなど、創作・クリエイティブに関するものメインで載せます。特筆していない限り、作品は「実際の出来事から発想したフィクション」。時評や書評などのブログは→「これからも君と話をしよう」http://www.wuzuki.com/

コラム・日記・エッセイ

基本的には「はてなブログ」のほうに書くことが多いような内容ですが、noteのフォーマットのほうがふさわしい記事はこちらで。ここの記事は基本的に実際の出来事です。(※多少のフェイクを入れることがあります)

コメント2件

うづきさん、先日はトークイベントにご来場いただき、ありがとうございました! また、とても丁寧に、わかりやすくまとめていただき、感激&感涙です…本当にありがとうございます!!

「デザイン」って、いろんな人にとって、日常生活で身近によりそうものだと考えています。今後もデザイナーではない人を中心に、親しみと面白みを交えながら、デザイン思考を伝えていきます。

トークイベント一部をYouTubeに公開しまして、うづきさんnoteのリンクを関連参考としてご紹介させていただきました! → https://youtu.be/casgcEx7r6o

あらためて、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!
コメントありがとうございます! YouTube動画、週末に観ました。ご紹介ありがとうございます……!
私もこれから、仕事でもプライベートでも、デザインの視点を意識した活動にもっと取り組んでいきたいと思います……!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。