見出し画像

【話し上手は聞き上手】

最近、初めましての人と話をすることが多い。
そんな時にいつも困るのが、
「何話ししたらええねん」ってこと。

たわいもない会話をあまりしたことがなく、
「今日はいい天気ですね」ってゆう部類の会話が苦手。
共通点とか探すこともするけど、合わない人は全然合わない。
クローズクエスチョンから聞いて、仲良くなってオープンクエスチョンとな色々考えてる。
けど、正解がないからなかなか難しい。

自分はずっと「話し上手」になりたいと思ってる。ここで言う「話し上手」は話の内容が面白いとかじゃなくて、相手の気持ちとか気分とかをしっかり読み取って相手に合わして会話できる感じ。そのためには相手の立場になって何を感じてるかとか、どう思ってるかとか考えることが大切やと思う。

つまり、話し方も大事やけど聞き方が必要。
何でかと言うと、本当の話し上手な人は最高の聞き上手やと思うから。
相手が目を合わして頷いて共感してくれて真剣に話を聞いてくれたら、勝手に喋り出してるやん?

でも、ただ単に聞き上手になるだけなら誰でもできると思う。けど、そっから話し上手になるには、相手の具体的な会話を聞きながら抽象的な事に言い換えられる能力がいると思ってる

今、自分は海外にいるから日本語話しする機会は全然無い。てか無い。
やから、自分自身に対して問いただしてる。
具体的な事実を書き出してみて、そこから抽象化してる。んで「あの時って自分こんな感じに思ってたんかな?」とか「なんでそう思ったんやろ?」とか考えてる。
そうすると、「悲しかったなあ」とか「嬉しかった」とか出てくる。
これが自分的には抽象化なのかなと思ってる。

自分で書いてて、何言いたいかちょいぐちゃぐちゃになったけど、まとめる。

**まとめ。
話し上手になるには聞き上手にならないとあかんと思う。
そのためには相手の立場になって考えることが大切。
そのためには相手が何を考えてるのかをくみ取ることが必要。

結論、何事にも考えるクセをつけよう。**

#考える #会話 #話し上手 #聞き上手 #クセ #相手の立場 #抽象化 #話し方 #聞き方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

きむ@継続

大学5回生。とりあえずやってみるって信念。世界一周してたけどアフリカで強盗に会い断念。セブ島留学。ヴィパッサナー瞑想。キリマンジャロ登頂。noteには自己分析しながら出てきた自分の考え方とか捉え方とかまとめてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。