見出し画像

息子に名前で呼ばれる。そんな俺らはパートナー。

息子は僕を下の名前で呼ぶ。

息子だけじゃない。

保育園に迎えに行けば、ひまわり組のみんなに「ぁあ!!わたるだぁ!」

と騒がれたし、

小学生になった息子のクラスメイトに出勤チャリですれ違えば、

「わたるおはよ!」

って言われる。

この前なんか、

授業参観日に自転車を学校に置き忘れて徒歩で帰宅してたことに気づいたら、

息子の親友に

「お前マジかよ!!」ってツッコまれた。
※名前ですらない。


僕は、それが嬉しい。


子供たちは僕を、オトナではなく大きなトモダチだと思ってる。


息子が生まれるとわかった時、楽しいことを一緒にたくさんしよう!とワクワクした。


息子を育てる中で、「これはこういうもの」「あれはこうすればいい」と
オトナ目線で教えることの虚しさを感じた。


共感がそこにはなかった。

好きな人と、同じ気持ちでいたい。

それが我が子であることに、なんの疑問もない。

息子と一緒に興奮したい。

こいつと、いっしょにつまづき、いっしょに成長したいと。


強くそう思った。


それから、僕は決めた。

「一緒に初めて」をたくさんしようと。


一緒に初めて、ボディボードをした。


一緒に初めて、波にのまれた。


一緒に初めて、キャンプをした。


一緒に初めて、火起こしをした。


一緒に初めて、スプラトゥーンをした。


一緒に初めて、ゼルダの冒険をした。


一緒に初めて、地球防衛軍した。


一緒に初めて、ミニ四駆を走らせた。


一緒に初めて、指スケボーした。


一緒に初めて、Pokémon GOした。


一緒に初めて、蕎麦打ちをした。


一緒にたくさん、失敗した。


一緒にたくさん、手を取り合った。


一緒にたくさん、発見した。


一緒にたくさん、「ママには内緒ね!」をつくった。


息子の瞳にうつる世界を、前からではなく、横から眺めたい。


一緒に。


息子のどの友達にも負けない、親友でいたい。


そんな淡い「願い」と

いつまでも、新鮮な驚きに満ちたオトナでいたい。

そんな「思惑」の交差点で

僕は子供に育てられています。


そして、


息子が2人いると、嫁が嘆いています。


それが #私のパートナー




この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも、ハイボール飲みながら書いてます。有り難く、ハイボール代にさせていただきます!

俺、生きててよかったよ!
183

ymwt

noteはじめました。 35歳、港区の外資系広告代理店で働くパパです。 家族のこと、子育てのこと、世の中のこと、思ったことを備忘を含めて、つらつらと書きためていきます。 twitter @ymwt

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
3つ のマガジンに含まれています

コメント5件

Kuniさん こんな散文に、コメントいただきありがとうございます。 なんというか、自分の性分なのかもしれません。
ymwt さんの性分が好きです
素敵なパパさんですね。幸せな息子さん。世の中の人が皆家族愛に包まれて暮らせたらいいのに。動物に対しても同じことが言える。と思います。
ジュマペールさん
相手が誰であれ、立場にとらわれることなく同じ目線でいられること、大事ですね。ペットもそうなのだと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。