見出し画像

懐かしい写真が撮りたい

このnoteは、写真の超初心者である私が、みなさまのお力をお借りできればと思い、書いたものです。

コトの背景

先日、こんなツイートをした。

写真家・濱田英明さんのインタビュー記事を読んで、自分がしたかったことの大ヒントをいただいたのだ。印象的だったのがこの部分。


過去の記憶や感情を呼び起こすような写真を撮りたい

私は「追悼インタビュー」という活動をしている。亡き祖母との思い出を家族や友人にインタビューし、一冊にまとめるものだ。

故人との思い出はどれもかけがえのないもので、でもその一瞬は写真に残っていないことが多い。それをどうしようかと考えていたところ、濱田さんの記事を読んだというわけだ。

過去に戻って写真を撮ることはできない。
でも過去の"記憶や感情を呼び起こす"写真を撮ることはできるのかもしれない。

そんな写真が撮れれば、追悼インタビューの一冊も最高のものにできる。
読みながら当時の記憶が光景が空気感が、ぶわっとフラッシュバックする。もうその人に会うことは叶わないけど、記憶の中だったら会える。
そうなったらどんなに最高だろう。そう思った。


実践してみました。

ということで、どこか懐かしい写真を絶賛練習中だ。以前noteにも投稿した写真を再編集。

BEFORE

AFTER

母と手をつなぎ歩く。

VSCOのデスクトップ版プリセット「KodakEctar--」を使用。懐かしさと儚げな感じを表現するために、フェードをかけ、露出をあげ、全体的に彩度を低くしました。

アドバイスいただけたら泣いて喜びます…!


"誰もが持っている記憶や経験を、どのようにすれば写真として表現できるか。"

探求の道は続く。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

訪問ありがとうございます。 サポートは、「発信を習慣化したいけどできない…」という方の力になれるように、学びに投資したいと思います。企画「#note更新応援」をもっともっと良いものにしていきます。

いつもスキありがとうございます。本当にうれしいんです。
8

洋子

執筆、ZINE制作、写真。知ることは楽しいと思って生きてます。仏のように寛大な夫とふたり暮らし。noteは家族のあり方、奮闘記など毎日更新中。 【企画】#note更新応援、#おばあちゃんZINE、など。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。