なんでトランプに投票したの?ロスで直接聞いてみた。

「今日はダウンタウンに行かないでよかったですよ。トランプ反対デモでハイウェイが封鎖されたようです」

大統領選挙直後のロサンゼルスで寿司を食べながら相変わらずトランプの話題が続く。

「デモしてるやつらはクレイジーだよ」
「じゃあ、あなたはトランプに投票たんですか?」
選挙が終わって何度目かなこの質問。
経営者の彼は断言した「YES!」
「勝てると思ってました?」
「ノー。だからオレは今トランプが勝ってベリーハッピーだ」
彼の選挙区カルフォルニア州ではヒラリーが勝った。

日本で政治の話をするのは憚られますがアメリカは比較的政治信条を明確にします。ちょうど大統領選挙の直後だったので会う人にみんな聞いてみた。エキセントリックなトランプに入れたことは言うのを躊躇するのかと思いきや皆さんはっきり言いますね。でもこれほど明確なイエスは初めてです。トランプに入れたと答える人が意外にも多かったですが、この社長以外はどことなく後ろめたさをともなったトランプ投票告白でした。勝った今だから言えるのかも。

トランプタワーがあるニューヨークで投票したという白人ビジネスマン彼はトランプに入れた。

「オバマの8年間は何にも進まなかった。議会が共和党だからなんでも反対するからね。大統領と議会は同じ党の方がいい。その意味でトランプがいいんだ」彼は続ける。「でもオレの一票は初めから意味をなさないんだ。ニューヨーク州はブルーステイトだからね。オレが赤に入れても効果がない」なんて言いつつトランプに入れてる。「でも妻はクリントンに入れたんだよ」なんだか言い訳がましいな

ブルーステイト。西も東も海岸沿いの州は民主党優位。ワシントンDCから来たエリート弁護士は共和党候補者選挙前に言っていた「トランプはありえないよ。クレイジーだから」DCでは8割が民主党支持だという。若い同僚はバーニー・サンダースを応援しているという。「でも彼はソーシャリストだからな」

これも選挙の前のこと。ロスで選挙前、タクシー乗車中にトランプの話を日本語でしていると、白人ドライバーが言った。「今、トランプの話題してたよね。ごめんなさい。あんなスチューピッドなやつが候補者でオレは恥ずかしいよ。だから謝っておくよ」選挙前はボロボロに言われてたのにアレヨアレヨと言う間に本当に大統領に。

ロサンゼルスのエリート風会社社長はクリントンに入れたと言う。でも粗野な感じのその部下は気まずそうに言った。「オレはトランプに入れた」と。「鼻をつまんで投票したよ」やっぱり後ろめたそう。ヒラリー支持の社長の手前だからかな?

もう一人のトランプに入れたというヒスパニックの社長さんは、クリントンは大統領にさせたくなかったという。「ヒラリーが女だから?」ストレートに聞いてみた。

この続きをみるには

この続き:4,088文字

なんでトランプに投票したの?ロスで直接聞いてみた。

Gaku Ito

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

Gaku Ito

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。