米、トルコをF35計画から締め出し ロ製ミサイル購入受け

米、トルコをF35計画から締め出し ロ製ミサイル購入受け
https://www.afpbb.com/articles/-/3235653

アメリカはF-35関連でトルコを排除。部品製造に関わるトルコ企業も排除された。これは経済制裁と言える。だがトランプ大統領は公の場でトルコ批判が無い。これまでの過激な発言を控えている。

本来ならば公の場で批判すべきことなのだが、トランプ大統領は必用な時に過激

もっとみる

無双! ダルビッシュ快刀乱麻!

現地時間7月17日の本拠地リグリーフィールドでのレッズ戦にダルビッシュ投手が先発しました。

前回に引き続き圧巻の投球を見せてくれました。6回を2安打無失点に抑え、三振を七つ奪い、懸念とされてきた四球はゼロでした。余力を持って投げているように見え、コントロールが安定していました。

久しぶりの三勝目を挙げ、エンジン全開となってきたようです。現地メディアも絶賛です。今後も期待しています。

もっとみる

【アメリカ交換留学】267日目 4/26

今日は、朝一の授業で、先生がドーナツをくれました!!

めちゃくちゃ美味しかったーーー!!!

そして、今日はUS governmentのテストがありました!

結構勉強したので、満足です!!!

そして、夜はmomが
ワッフルを作ってくれました!!

わたしは、卵を作りました!!

少し、ピリ辛で
ハムも入っていて、
美味しすぎたーー!!

ではでは!
#アメリカ #交換留学 #アメリカ交換

もっとみる

メモ

メモを取ることを留学先でやっていきたい

アナログだけどメモ帳とペンで。

なんとまぁありがたいタイミングに、昨日友達から留学祝いってことで4色とシャーペンがくっついたボールペンをもらった。

めっちゃ嬉しいし活用していきたい。

メモ帳は新しく買ってもいいけど、シンプルなやつにするって決めてる。

前田裕二さんのメモの魔力、人生の勝算を読んでメモの大事さはわかってるつもり。

向こうに行けばきっ

もっとみる

初投稿。簡潔自己紹介とnoteでのテーマ。

はじめまして暁(あつき)です。はじめての一歩は何であれ、新鮮味がありつつ緊張感もありとてもいいものですね。

今回は自分の経歴や好きなこと、最後にnoteでの主なテーマについて書いていこうと思います。

経歴

2015-2016: アメリカ,コロラド州の高校に留学

2016-2017: コロラド州の短期大学に入学しテキサス州の短期大学に編入

2017-2019: テキサス州の短期大学卒業

もっとみる

「自由を恐れるな。」

映画・「イージーライダー」を観た。

コカインの密輸で大金を得た二人の若い男がハーレーに乗り

カリフォルニアからニューオリンズを旅しながら目指す。

旅中に出会う世間一般の人間は自由を体現する彼らを拒絶し

彼らはアメリカの現実を知ることになる。

というのがあらすじ。

いくつも挿入歌があり音楽でも楽しめるし、

バイクに跨り自由に旅をする二人には爽快感があった。

俺はこの映画を観て

自由

もっとみる

大学生が考えるボランティア論① ~ボランティアって何…?~

ボランティア論第一段です!

とりあえず今回は「ボランティアって何?」ってことを話します!

ボランティアの語源

ボランティアってまず日本語じゃないですよね。かといって英語の辞書で調べても「ボランティア」としか書いていない…
じゃあまず語源から調べよう!ってことでボランティアの語源、調べました。

ボランティアはラテン語の「ボランテ」から来ていて、これは自由意思を意味します。

つまり、ボランテ

もっとみる

世界に通用するメイドインジャパン

Amazonプライムビデオにて配信されている

「有田と週刊プロレスと」

の新シリーズが始まりました。今回がファイナルシーズンということで、少し寂しさはありますが、ひとまず喜ばしいことだなと思います。

この番組は「週刊プロレスをいきなり渡された有田さんがその号を見てただ話すだけ」という内容なのですが、有田さんの膨大な知識量とトーク力によりとんでもないエンターテイメントに昇華されているので、プロ

もっとみる

古本屋のワゴンにひっそりと置かれていたこの本の価値は?

古本屋の外に置かれているワゴンのなかで見つけたエマソンの日記。

え?エマソンの日記?

エマソン?エマソン?あのエマソン?

アメリカ・ルネッサンスを代表する思想家、ラルフ・ウォルドー・エ
マソン。

これまで日記は見たことがありませんでした。

値段はまさかの100円で即買い。

アマゾンでいくらなんだろうと気になって調べてみました。

なんと12990円(2019.3)と、高値がつい

もっとみる

夢のテキサフォルニア~アメリカを動かす真逆な2つの州~

エコノミスト 2019年6月22日号
Texafornia dreaming

トランプ大統領のせいで首都ワシントンが機能停止する中、いまや合衆国最大の最も重要な州である、テキサスとカリフォルニアにアメリカの未来がかかっていると言ってもいいだろう。過去数世紀の間、この2つの州は正反対の方向に突き進んできた。テキサス州は税金が安くて規制が緩く、国の干渉が少ない自由な土地で、カリフォルニア州は、税金が

もっとみる