見出し画像

謎の団体「熱海キコリーズ」を徹底解剖①!(23/1000)

「1000日チャレンジ」をさとなおさんと100人の仲間とはじめました。わたしは「1000日 myパラレルライフ記録(by note/twitter) 」にチャレンジ中!https://twitter.com/YUKAN1000

普段は港区OLとして働いてますが、ひょんなことから『東京〜熱海2拠点ライフ』を始め、3年前から森での林業(森林保全活動)にハマってます。そんな週末キコリOLの日記です。

さて、今日はわたしが団長を務める『熱海キコリーズ』についてご紹介。

よくみなさんから「何をやってるのー?」と聞かれるので謎めいてるんだろうなと思います。

ということで、今回から気まぐれに複数回に分けて
団体の謎を徹底解剖していきます!!笑


「熱海キコリーズ」誕生の背景

「熱海キコリーズ」は、熱海市の自伐型林業研修を経て、立ち上げられた団体です。

歴史を振り返るとこんな感じ。

▼ 2016年: 熱海の林業研修で奇跡の出会いを果たしたフォレストラバーズたち14人のメンバーで任意団 体「熱海キコリーズ」を設立。▼2017年: 熱海市の市有林の放置林で技術を磨きながら間伐実施。▼2018年: GOOutsite!! ということで街とのつながりを作るべく様々に活動中。わたし自身は団長として、 彼らの個性を最大限に活かしながら、森から熱海を元気にするため、本業の傍ら週末キコリとして、ほぼ毎週活動中。




熱海キコリーズのおもしろい特徴!

ということで、こちらが団体概要。

特徴としては・・・
みんなさまざまな本業があって、
副業で「週末キコリ集団」ということ!

みんな本業があるからこそ、本業でのスキルエクスチェンジしながら様々なソリューションを出してきました。
主に週末の活動なのでゆっくりですが。でも着実に。

「森が好き、守りたい、助けたい」という共通の価値観を持ったオトナの仲間たちは、このサードブレイスで伸び伸びとお互いを尊重し合いながら活動してます。

オトナになって出会えた、かけがえのない仲間たちです。林業は5年10年50年先を見据える産業です。

だからこそ、一生のつきあいをしたい、仲間たち。


数字で解説!熱海キコリーズ。

当初は15人で結成された団体でしたが。
今ではメンバーが23人ほどに。

<結成当時の写真↓>


<先日の総会時の写真↓>

そのうち女性はなんと6人。出席率も良いメンバーです!


年代は、20代後半〜40代が多いです。
林業従事者の方々の平均年齢が50代前半(2010年時点で52.1歳)なので我々の団体は若めですね!


その他、数字でわかる熱海キコリーズはこんな感じです!↓

熱海キコリーズの長期的ゴールは?

Sustainable Foresty in Atamiを目指して。
持続可能な熱海らしい私たちにできる林業を探求中!

------------------------------------------------------------

今日はここまで!☺️
最後まで読んでくださってありがとうございました。

See you tomorrow!!:)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わ〜!うれしいです!☻
10

能勢友歌@2拠点ライフ実践中

普段は港区OLとして働いてますが、ひょんなことから熱海/湯河原〜東京の2拠点生活を始め、もう6年。週末きこり活動も含めて、熱海・湯河原情報や2拠点生活の良いところを #1000日チャレンジ として発信中!

熱海キコリーズ活動関連

2006年に設立した森林保全団体の「熱海キコリーズ」。間伐を中心に、搬出・加工や企業・施設コラボなど、さまざまな活動を紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。