森林保全

山の日、海の日、水の日、関西公共広告機構【雑記】

今日は、山の日。

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」

との事。

ただ、議論が活発になった、キッカケは海の日制定によるところが大きいらしい。

海の恩恵に感謝する日

が海の日な訳だが、

悲しいかな、いづれの祝日の周辺はそれぞれ海山での事故も相次ぐ。

その間にあるのが水の日(ちなみにWorld Water Dayは3/22)だということをご存知だろうか

もっとみる

謎の団体「熱海キコリーズ」を徹底解剖①!(23/1000)

「1000日チャレンジ」をさとなおさんと100人の仲間とはじめました。わたしは「1000日 myパラレルライフ記録(by note/twitter) 」にチャレンジ中!https://twitter.com/YUKAN1000

普段は港区OLとして働いてますが、ひょんなことから『東京〜熱海2拠点ライフ』を始め、3年前から森での林業(森林保全活動)にハマってます。そんな週末キコリOLの日記です。

もっとみる

里山保全の記録 2   講座 「鎌倉の自然を活用した豊かな里山の構築」

市内の学習センターでおこなわれた、大正大学助教授、中島敏博さんによる「鎌倉の自然を活用した豊かな里山の構築」という講座を受講してきました。
今回ピンときたのは「活用する」という言葉。

私が参加している保全会からは、示し合わせたわけではないのに、女性陣3人が顔を合わせ、約2時間弱の話に聞き入りました。

一番印象に残ったのは、草刈りなどの無限に続く管理作業を維持するためには、ボランティア頼みではな

もっとみる

野草食日記 41  森林保全の観点からタケノコ採り

今週末参加する野草の会で、料理の持ち寄りをします。
食材確保のため、今朝タケノコを採ってきました。

夫がスコップで掘るのを横で応援したり、掘りたい人を竹林に案内し、これも横で見ていることはありました。でも実のところ自分で掘るのは今日が初めてです。

いや、掘るというより、折るという表現が近いかも。
頭が土からけっこう出ているものを狙って、周りの土を小さなスコップで少し除いてから、引いて押してバキ

もっとみる

【100万部突破の世界的ベストセラー!】人間の知らないところで、樹木たちは会話をしている? でも、どうやって? 傑作ノンフィクション『樹木たちの知られざる生活』(早川書房)から特別抜粋

(書影をクリックするとAmazonページにジャンプ)

『樹木たちの知られざる生活 森林管理官が聴いた森の声』

ペーター・ヴォールレーベン/長谷川圭訳 ハヤカワ・ノンフィクション文庫

◉書評・メディア情報
HONZ(3月13日)書評(足立真穂氏)
朝日新聞(12月15日)書評(東直子氏・歌人、作家)
週刊朝日(11月10日)書評(西條博子氏)
朝日新聞(7月30日)書評(椹木野衣氏・美術批評

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
58