見出し画像

睡眠時間が短いことを自慢するのは、自らのパフォーマンス低下を宣言しているようなものだからもうやめたほうが良い件

ショートスリーパーを自慢するのはやめましょう。自分で自分の体を痛めつけてパフォーマンスを下げているといっているようなものなんですから。

ペンシルバニア大学とハーバード大学医学大学院による2003年の研究によると、4時間睡眠の人と6時間睡眠の人はともに認知タスクに対する反応時間やパフォーマンスが著しく低下することがわかった。
シカゴ大学による1999年の研究によると、6日間連続で4時間睡眠に制限された人(これは早起きする人の平均的な睡眠時間と同じ状態だ)は、ストレスホルモンのコルチゾールが増加し、血圧も上昇し、さらにインフルエンザワクチンに対する抗体の量が半減したという。
ハーバード大学医学大学院・睡眠医学科教授のチャールズ・ツァイスラー博士は、早起きを「パフォーマンス・キラー」と呼んでいる。毎日4時間しか眠らないと、24時間起きているのと同じくらい頭が働かなくなるというのだ。
またハーバード大学の教授で、ベス・イスラエル・ディーコネス医療センターの睡眠・認知センター所長を務めるロバート・スティックゴールドによると、睡眠時間がたった1時間でも減ると記憶力が低下するという。

それでもあなた、ショートスリーパーに憧れますか?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!note続けられそうです!
2

川崎裕一 マネタイズおじさん

広告をはじめとするマネタイズをやっています。スマートニュース株式会社。はてな副社長→kamado社長→ミクシィ取締役(買収に伴い)→スマートニュース執行役員。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。