82歳のドラマー

好きなことに年齢なんて関係ない。

ドラムを無心に叩く彼の姿が、そう訴えていた。

彼と出会ったのは、ジャズバンドの生演奏が聴けるディナークルーズだった。
出演は、彼が属する沖縄で活躍中の「スーパーホンカーズ」というジャズバンドだ。
メンバーには若い方もチラホラいたが、平均年齢は60歳前後といったところだろうか。

その中でも一際注目を浴びていたのが、82歳のドラム奏者の彼だった。
82歳とは思えないほどの力強さと軽快なリズム感。失礼ではあるが、倒れてしまわないかと心配になるほど激しいパフォーマンスをすることもあった。

そんな彼がなぜあそこまで輝いて見えたのか。

それは年齢だけじゃない。
テクニックでもない。

じゃあ何かって。

それは、ドラムが好きだと言う彼の気持ちが痛いほど伝わったからだろう。
私の全身に立った鳥肌がそれを証明していた。

彼のソロが始まると、まるで会場は彼の空気そのものになって誰も邪魔ができない。
手拍子だって止まってしまうぐらいだ。

何かを好きな気持ち。
何かに一生懸命な姿。
これらに理由なんていらない。
わからないけど好きで、
わからないけど夢中になってしまう。
好きなことって、だいたいそういうものだと思う。

彼の姿はまさにそうだった。
理由もなくドラムを愛し、
気づけばソロの演奏が止められないほど
身も心もドラムに取られてしまっているようだった。

そんな彼を見て、私は決めた。
好きなこと、やりたいことに正直になろう。
真っ正面から向き合って、体当たりして。
挫けたっていい。上手くいかなくたっていい。
好きな気持ちに遅い早いもないし、
上手い下手もない。

だけど、その好きな気持ちが真っ直ぐであれば
必ず誰かの心を動かす。たとえどんな結果であってもだ。

何かを好きな気持ち。
それだけは生涯大切にしていこうと思った。

#日記 #エッセイ #コラム #好きなこと #音楽 #ジャズ #自己啓発

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

ゆん

じぶん計画

自分を知るきっかけとか、自分の意思・価値観とかを綴ったnoteです。「自分を持っていない」と昔から散々言われているので、積極的に自分の意見をまとめておこうかなと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。