なぜ、高知に住みたいと思えないのか

東京でしか消耗できないからです。

「イケハヤ書店」が「まだ東京で消耗してるの?」に変わってから早1年。高知の魅力をたくさん知りました。

食べ物は本当に安くて美味しい。大自然に囲まれた、東京にはない豊かな暮らしがそこにはあるのでしょう。高知の素晴らしさを知るたびに、「まだ東京で消耗してるの? 移住しなよ」と声が聞こえてきます。

でも、私は一瞬も「地方に移住したい」と思ったことがありません。というか、1ミクロンも共感できない

なぜか?

それはイケダさんが所帯持ちであり、私が寂しがり屋な独身だからです。氏の豊かなライフスタイルは、ご本人が相当な人格者で、かつ仲間(家族)がいないと厳しいでしょう。人とうまく関係性が築けない私からしてみれば、若いうちに所帯を持つ人って異次元なんです。もうその時点で思考の次元が違う。

独身女性は、東京でしか生きられない。そう唱えたのは、「負け犬の遠吠え」の酒井順子さんでした。

東京は人間関係が流動的で希薄なため、多様性が許容されます。1人で楽しめる場所も数多ある。美術館、カフェ、バル、ミニシアター…楽しくお一人様を謳歌できます。

仕事の後に友だちとお酒を飲んで、会社の愚痴を言ったり、友達以上恋人未満(笑)の人との話をする。心がカスカスになったら、ワンピースを見に表参道へ行けばいい。辛かったら深夜にタクシーを走らせて、友だちの家に行くことだってできます。新鮮な魚介は羨ましいけど、24時間好きな時にありつけるコンビニご飯で満足できてしまう。

そんなの孤独を紛らわせてるだけじゃないか、というのもわかります。でも、寂しさを誤魔化せなかったら孤独死するだけなんですね。だからこそ、独身女性を描く物語の舞台は都市なのでしょう。もちろん、地方はダメ。そんなことを言いたいのではありません。東京は独り身という弱者に優しい場所なのです。

未婚で移住された方もいます。それは、きっとコミュニケーション能力が高く、柔軟性に優れており、孤独にも強いから可能なのだと思います。

地方は地縁ベースのコミュニティーが強いです。そこにニューカマーとして入っていくには上記のような徳人でないと、まず無理でしょう。知らない人と話した瞬間、体温が2℃上がってしまう私にとって、そんな挑戦は裸足でエベレストを登るようなものです。

仮に打ち解けたとして、「ちゃんとご飯食べてる?」「結婚は? 紹介するわよ」なんて言われた日には、多分ちゃぶ台吹っ飛ばします。寂しがり屋ではあるのですが、放っておいて欲しい

さらに、「地方は狭いので車でぐるっと一周できる」という素敵な一面も「あっはい」止まりです。免許なし、クルマなし、一緒に乗ってくれる人はもちろんいない。維持費も高いし。なんていうか、想像すらできない。

イケダさんは、若いうちに結婚されて、しっかり稼いで、実績も残して、上質に暮らしてる。氏の考えに触れるたびに、自分との人間力の差を思い知ります。そうだよなぁ、すごいなぁと。

氏の「移住を勧める理由」に全く共感できないのは、単に私がダメだからに他なりません。

比較するのも野暮ですが、毎日家で体育座りしてはiPhoneと対話する私にとって、雲の上の話なのです。

ネオンに囲まれ、ジャンクなものを食べ、カラスが飛び交う朝の渋谷をトボトボと歩く。これを消耗と呼ぶのなら、私はそれでいい。コミュ障・寂しがり屋・独り身。三拍子そろった私が地方に行った先にあるのは、消耗ではなく消滅だろうから。

Top Image by Joi Ito/ flickr

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

551

嘉島唯

読んで得する優良記事まとめ!

ブロガー兼副業マニアのぼくがおすすめしたい優良記事をご紹介。
6つのマガジンに含まれています

コメント19件

ありがとうございます!笑
確かに。私は既婚者で愛知県民ですが、田舎に住もうとは思わないかも。ある程度町の方が、ライターするなら仕事も増えますし。(≧∇≦)
フォロー外から失礼します。私も共感します…と言っても5年前くらいに一度上京しましたが仕事が合わず帰って来てしまいました。今でも仕事は嫌でしたが都会は自分は合っていると思うほど快適でした。機会が有れば戻りたい、そう思います。田舎になんて居場所はありませんから。
わかる。東京がいい
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。