【1】インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

こんにちは。Books&Appsの安達です。

私は「何かしらの問い合わせにつながれば」程度の素朴な理由から、2012年にBooks&Appsというブログメディアを立ち上げました。

現在では、Books&Appsに掲載しているだけで1200以上の執筆記事があり、他のサイトへ寄稿した記事などもすべて含めると、その数は2200以上です。

一つの記事が3000字から4000字程度ですので、平均3500文字とすると、累計で約770万文字を書いた計算になります。

テキストを、7年間ほぼ毎日書き続けてこれたのは、「書くのが面白い」という理由はもちろんあります。が、「ある程度読まれるようになったから」というのも正直なところです。


とはいえ、私はもともとライターをしていたわけではありませんでした。作家でもありませんし、マスコミや出版の業界経験もありません。

2012年に現在の会社を創業する前は、コンサルティング会社に勤めており、書籍や報告書、提案書を書いた経験はあっても、「記事を書く」という経験はほとんどありませんでした。

しかし、ひたすら続けると、いろいろと分かることもあります。

インターネットで記事を書き続け、コメントやビューを見て試行錯誤しているうちに、「読まれる記事」と「読まれない記事」のちがいを少しずつ理解できるようになりました。

現在ではそれらは、メディアの運営のために弊社の中で言語化しています。一旦それらを言語化できれば、「再現可能」だからです。

例えば、以下のリンクに、私が書いた記事の一覧がありますが、多くの記事がSNSで拡散されていることがわかると思います。

また、Books&Appsでは私以外にも大勢の書き手の方がいらっしゃいますが、こちらも「同様の思想で書かれている」と私が判断したライターさんだけです。

事実、私以外の書き手の方々も、広く記事を読まれています。

読まれる記事と、読まれない記事の最大のちがい

では、「読まれる記事」と「読まれない記事」の最大のちがいは何でしょう。


文章の読みやすさでしょうか? 

ーいいえ、ちがいます。読みやすいことは大事ですが、必須ではありません。


考察の切り口でしょうか? 

ーもちろん大事ですが、これも「最大の違い」ではありません。


事例の豊富さ?それともストーリーの良さでしょうか? 

ー事例やストーリーはあくまで理解を助けるための「添え物」であり、主ではありません。


では正解です。

この続きをみるには

この続き:2,124文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
隔週でインターネット上における 「webライター」 「webメディアの運営者」のためのノウハウを発信します。 詳細かつテクニカルな話が多いので、一般の方向けではありません。

ビジネスマガジン「Books&Apps」の創設者兼ライターの安達裕哉が、webメディア運営、および記事を用いたマーケティング、SNSに...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!感謝いたします。
36

安達裕哉

ビジネスメディアBooks&Apps管理人の安達です。 人の能力について興味があります。企業、組織、マーケティング、マネジメント、生産性、知識労働者と格差。 定期購読マガジンでは、メディア運営、メディアマーケティング、制作過程の裏側を詳細にお伝えします。

webライターとメディア運営者の、実践的教科書

ビジネスマガジン「Books&Apps」の創設者兼ライターの安達裕哉が、webメディア運営、および記事を用いたマーケティング、SNSによる拡散の手法の裏側を詳細にお伝えします。 更新頻度:一月に3〜4回程度