完成した知識は、次の知識への断片である

情報カードというものを使っている。

こういうやつだ。

まず書くのは、知識や考えの断片だ。

自分なりの知識や論を作り上げるときには、ノートを使う。

いきなりノートを書く気分のときもあれば、カードの断片について「そうか、こういうことかもしれない」と思いついてノートを開くこともある。

ノートで作り上げた自分なりの知識は、また情報カードに書く。

カードもノートも、忘れないうちに書いておきたいので、殴り書きだ。

自分さえ読めれば、なんとかなる。

フローを整理すると、

カードで断片を書く→ノートで論をつくる→論(完成品)をカードに書く

である。

ところが、そこ(完成)で話は終わらない。

生きている限り、まなび続ける限り、知識は再構成され続ける。

カードたちを眺めたりしているうちに、カード同士が絡み合う。

完成品Aと完成品Bは、次のCへの断片なのである。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

これであなたもソレオ人だ!
4

ソレオ人通信

「それおもしろいね」な人生を手に入れるためのmagazineです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。