藤堂にがつ / JAM365

何か起きたり起きなかったり。長かったり短かったり。1日1話 ◯◯の日 をモチーフに物語を書いています。365日限定。

8.3 はちみつの日

はちみつ味のお酒を飲みながらチーズを齧る夜。 藍色と水色のグラデーションが窓枠の中を彩るけれどそれは知らない。 さっきブリキの月に流れ星が当たって角が曲がって...

0

8.2 パンツの日

喫茶店で珈琲を飲んでいると、目の前の男が汗を拭いているのが女物のパンツであることに気づいて、名取は口に含んだ珈琲を思いきり噴き出してしまった。 「ちょっ、名取...

0

8.1 パインの日・島の日

南の島の大王が パインを作りたいと騒ぎはじめた 南の島の民たちは 皆のんびりしているのが好きなので 新しいことを始めるのを億劫がったが 大王が言うのだ...

0

7.31 パラグライダー記念日

首尾は上々である。 我らは今高い崖の上にいる。 ここまで来て飛ばぬという選択肢はないだろう。 景気付けにキウイとグレープフルーツのジュースも飲んだだろう。...

0

7.30 梅干しの日

ばあちゃんの家に行くと、挨拶も早々に小皿に載せた梅干しを出してきた。 「え、ばあちゃん。何これ?」 俺はスマートフォンのアプリで読んでいたマンガから目をあげ...

0

7.29 福神漬けの日

カレーの横に添えてある福神漬けが、まさかこんな事態を引き起こすとは思っていなかった。 東海林は気まずい空気の中で、己の軽薄な思いつきによる愚行を実行したことを激...

0