父に愛されたかった女の子の涙の色。

彼女は、先日1日で600万位ホストに使っちゃったと笑って言った。600万といったら年収だという人がいてもおかしくないだろうその大金を、1日で消費して笑っていられる彼女は、家賃80万の都内高級マンションに一人暮らししている無職の22歳。それだけの情報源だけでも十分頭の中で黒い糸がこんがらがって固結びしてシコリになりそうな話だけど、なぜか彼女に不思議と興味が湧いたのは、その日 私の横でふかっとソファー

もっとみる

言語表現できないキオク

例えば自分の好きな本の中で出会った最高に素敵な1小説とか、何度も観た映画の中の忘れ得ぬ風景。そうした言葉だったり映像だったりの中から、着想をせずにはいられない事がある。きっと自分の癖か性癖に近い何かなんだろうけど

それは 匂い

人間の思い出や記憶というのは、実体験として出来事を記憶しているのがほとんどなんだろうけど、私はそれ以上の強烈な記憶の中に その時の その場所の その人の その時代の

もっとみる

カッコイイや素敵を求めるのは人間の容姿だけじゃない。

友人のお宅にお邪魔する際、手土産にリキュールやワインのボトルを持参する事が多いのだけど、お酒というのは拘りだすと実にキリがなく奥深いものだし、自分が以前飲食経営をしていた時は、やはり銘柄や味にとことん拘ってメニューリストにしこたま能書き垂れたものなんだけれど、すっかり商売魂が抜け、単純に友人とお酒を愉しもうと大きなスーパーのアルコール売場に出向く今、お酒は確かに原産地とか銘柄もちろん 味も大事なん

もっとみる

恋の持ち腐れ

仲の良い友達が最近同じワンピースを良く着ているので似合ってるねと褒めたら、驚く程可愛らしく顔を紅くしながら彼女は少し早口で、

「そう!このワンピ凄い気に入ってるの!一目惚れしてね、だから毎日でも着たいくらい好きなんだよ」と

あまりに無邪気で、まるでその服とは運命的な出会いだったと言わんばかりのその笑顔が可愛かった。好きなものを好きと言える人がする太陽みたいな表情がずっと脳裏に焼き付いていた。

もっとみる

Girls

女性に対する褒め言葉はいっぱいあるけれど、女として生まれたからには、何だかんだ言われて嬉しいのは「かわいい」だろうなと思う。それは多分万国共通だろうし、女性の心に近づく為の、通行手形のような役割を果たす事すらあるかも知れない。

かわいいというそれは、顔立ちだったり 装飾だったり 髪型やメイクを抜かりなくする事で取得できる努力の賜物であり、かわいいの数は女の子達の勲章だ。当然私も言われたらそり

もっとみる