蜂八 憲

もの書く蜂。ノベルゲーム制作チーム「超水道」のシナリオ担当。 チーム最新作「ghostpia」ではディレクターとしてNintendo Switch向けに移植開発中です。

8年越しに階下の彼女と話した昼の話

「そりゃー何も知らない人は頑張ってて偉いね〜ってヨシヨシしてくれるんだろうけどさ、私は違うって思うのね」 ***  目覚まし代わりにあたしを起こしたのは、一本の...

最後にあなたへ祈った夜の話

ねぇ神様、この恋を実らせてくれよ。  困ったときの神頼み。いや、正確に言えば「頼って」なんかいない。おれとしては、むしろ挽回のチャンスを与えてやっているんだな。...

陰口に憧れた彼女とウェイを叫んだ夜の話

「──うっさいよね」  向かい席に座るイチノセさんが、唐突にそんな一言を発した。僕が「うん?」と首をかしげると、彼女は天井に向けた人差し指を小さく回す。  仕切...

《お知らせ》単行本が発売されました!

本日5/23、超水道のシナリオライター蜂八憲とミタヒツヒトの手がけた書籍がそれぞれ発売となります! ディスカヴァー・トゥエンティワン(Discover21)のライトノベルレー...

新年のご挨拶と『Angell Doll』あとがき

おひさしぶりです、蜂八憲です`( ´8`)´ 「新年あけましておめでとうございます」 そう挨拶するのももはや憚られるタイミングですが、あえて言います。 新年あけまして...

act10 : Sun. Dec. 24th

◀第1話 act1 : Sun. Dec. 17th から読む ぶつん、と。終わりを告げる音がした。 世界にノイズが散らされる。 音と光の錯綜は、激流となって感覚を焼いていく。 「──っ...