スポーツ選手は"短命"

 適度な運動(スポーツ)の健康効果が高いのは事実です。
 ただし、"運動のしすぎや負荷のかけすぎ、瞬発力が要求されるもの"は「有害な活性酸素(フリーラジカル)」を大量に発生させ、体の組織を損傷・劣化させ老化を招きます。

 特にプロのスポーツ選手の場合は、体重や体調管理、勝負のストレスなどが強烈にかかり、さらに活性酸素を増加させ老化を招きます。

 スポーツ選手(男性)の平均寿命・調査結果(1998年)によると
  注) 日本人男性の平均寿命は約77歳(1998年)

 相撲(プロ)       56.7歳
 自転車        57.0
 ボクシング(プロ)    61.5


 野球(プロ)       66.3
 サッカー       68.5
 登山探検       70.0
 短距離・陸上     70.2
 水泳         71.2

 明らかに、「スポーツ選手やスポーツ好きは短命」ですね。

 これは、引退後に運動量が激減して肥満(体重増加)を招いたり、無理なダイエットによる体重増減のストレスが影響している可能性もありますね。

 逆に、引退後も続けられる生涯スポーツ系の「中長距離・陸上(80.3歳)や剣道(77.1歳)」は、長寿命ですね。

 別の大学卒業生の調査では「体育会系は文化系や理科系より"6歳"短命」と言う結果も。
 激しい運動を長期間続けると、大量の酸素消費と体温上昇で有害な活性酸素が激増して肉体を痛め続ける結果となり、短命になるとも。

⇒ ◆高免疫力(整腸)でガン、メタボ、病気・撃退し健康長寿


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、生き物ポランティアのエサ代金などに充当させていただきます。 かわゆいウミネコ200羽達や川鵜、ハト達、7頭のヤギ達の笑顔に癒されます。

嬉しいです。
1

トリ仙人(健康&生き物ボランティア)

IQ180の健康-ダイエット-長寿オタク。   メタボの死病3つ(糖尿病や脳梗塞など)と、ハゲから脱出。   ★ガンじゃないのに末期ガン征圧・生活中。  「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合い。 淀江町宇田川河口/鳥取県 http://yase.chu.jp/diet.html

◆高免疫力(整腸)でガン、メタボ、病気・撃退し健康長寿

健康長寿ダイエットで"100歳でピンピンコロリ"。 そのためには体づくりでの足腰の筋肉増強と、高免疫力(整腸・快便)を獲得する食べ物選びと下半身の保温対策の両面が必須。 そのために、有酸素運動(メインはウォーキング)にスロー筋トレを組み合わせての足腰の筋肉増強。ウォーキング...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。