渋谷パルコ跡地にできた「hotel koe tokyo」。2018年、ライフスタイルをどうやって伝えるか?

渋谷がとてもホットな場所になっているな、と。

渋谷パルコの跡地にできた「hotel koe tokyo」。レセプションには行かなかったのですが、とても気になってきたので、夕方から見に行きました。

「ステイ」「ファッション」「ミュージック&フード」をキーワードに据え、1階はフレンチシェフの掛川哲司がプロデュースしたベーカリーレストラン、2階はアパレルショップ「koe 渋谷店」、3階は茶室の要素を現代的にアレンジしたホテルの客室となっている。建築は谷尻誠、吉田愛が率いるSUPPOSE DESIGN OFFICEが担当。週末には様々なゲストDJを迎えたイベントなどを定期的に開催する。

知っている人がいろいろと関わっていそうですが、純粋にお客さんとしていきました。

hotelと書かれた新しいファッションビルのような感じ。

日が落ちるとこんな感じ。2階はアパレルショップなので、洋服が並んでいるのが外からみえます。

1階はまるでスタバのよう。
カウンターがあり、テーブルありのカフェがあります。

私はハートランド。(写真ぶれててすみません)。

窓が大きく、渋谷を行き交う人たちを存分に眺められます。逆にいうと、外からも丸見えってことですね。

✳︎これがポイントだったりします

そう、週末にはDJが入り、music&eventがあります!

こんな感じで、ホテルのフロントというより、クラブでしょうか。

曲はSadeあり、TAKE FIVEありと、割と高めというか、グットミュージック寄り。みんなが好きなオシャレでイケてる音楽。

ライフスタイルの提案を何でするか?

六本木のクラブだと入りづらいけど、渋谷のhotel koeなら、全然誰でも入れそうな雰囲気があります。

外から丸見えですし。

そう、1階のイベントスペースはkoeというブランドの、集まる人を見ることで感じ取るショールームになっているということです。

運営しているストライプインターナショナルさんは、あの「earth music&ecology」の会社さん。

宮崎あおいさんを起用したあのTVCMで.有名なところです。

TVCM、ネットCMではなく、どちらかというと雑誌のタイアップや広告。つまりライフスタイルを立体的に見せる。

食、モデル、音楽、それらの嗜好にあったファッション

ライフスタイルをhotelという形態をつかって、渋谷の一等地に外から丸見えなイベントスペースをライブで見せて発信する。

ネットとリアル、そしてこれからの消費動向のカギ、これらの新しい試み、実験が始まっているように思います。

東京も、なかなか面白いなって思った夜でした

tofubeatsさんのDJライブにいっぱいの人だかりです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

arai0903

コミュニティとまちづくり

2018年のテーマ、コミュニティとまちづくりについて。レポートと感想とフィールドワークなど。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。