見出し画像

言語設定は英語ですか?

iPhoneの言語設定は英語と決めている。
なぜかといえば、一つは英語に慣れるため。
もう一つは、表示が日本語より英語の方がカッコイイと思っているからだ。

昨日iOSがメジャーアップデートされ、様々な機能が追加された。
こういう時に英語にしていると大変なのだ。
UIが変わっていたり新たな設定項目が増えているが、
全て英語で表示されているので訳がわからない。
正直言ってストレスになる。

しかしその状況に甘んじて日本語に戻したりはしない。
だって英語はカッコイイのだ。
少し無理をしようが、辞書で調べようが、
私は言語設定を変えない。

時々外国人が漢字のタトゥを入れているのを目にする。
外国人にとって日本語というものはかっこよく見えるのだろうか。

しかし彼らの感覚は私の英語かぶれとは違う。
「性行為」「久保田」「情欲」「あぶく銭」
意味がわかって入れていると思えない言葉が並ぶ。

逆の立場だったらどうだろう。
「Sex」「Jon」「Lust」「Easy money」
まぁ悪くない。

何だろう、クソダサい言葉が他国語にするとかっこよく見える。

おそらく文字の美しさで言えば、漢字の方がかっこ良いのではないかと思う。
アルファベットは単体で意味を持たないが、漢字は単体で意味を持つ。

Sの意味で語ることはできないが、
性の意味で徹夜で語ることはできるのだ。
一晩では足りないかもしれない。

英語の言語力は圧倒的に強い。
世界標準言語と言っても良いのではないかと思う。

世界中の文化を気軽に取り入れられるようになった現代では、
ほとんどの素晴らしいものが英語で表現、または語られている。

異国の文化や女性に憧れを持つのは、
本来人間の持つ冒険心と紐づくのかもしれない。

隣の芝生は青く見えるとはよく言ったもので、
今あるものよりも今ないものの方が魅力的に見えてしまうことは、
人間の本性なのかもしれない。

つまり身長が高く目鼻立ちがしっかりしており、
金髪の美女を追いかけてしまうことは、
ミスターセンクスの性なのである。

iPhoneを英語にしておけば、少しだけ英語とフレンドリーになれるだろう。
英語とフレンドリーになるということはつまり、
絶世の金髪美女と仲良くなれる道につながっているのである。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

おセンクス!
9

石川明大 -Ishikawa Thanks Akihiro-

ジャイアントキルの力で世界にセンクスの和を広げたい、そう、私の名前はミスターセンクス。

哲学的思考を鍛えてみるという名のただの雑記

思考実験。脳みそで解決できないことを吐き出します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。