中国の最新版パスポートがとっても美麗な件

これはぜーんぜん知られてない事だと思うけど、実は中国の最新版パスポートは1ページごとに異なる各省の名所が印刷されていて使うのがもったいないくらい美麗。

そしてむっちゃくちゃ旅に出たくなる。

北京

上海

糸綴じなので開きやすい真ん中にはドドーンと見開きで万里の長城。演出がにくいね。

自然風景も勿論豊富に載っている。ああ~

(当然っちゃ当然だが、共産党発行のパスポートなので台湾も載

もっとみる

迷彩服正装でWalmartでお買い物

たまーに迷彩服を着て、ベレー帽を被っている人を見かけることがあります。地下鉄や、そこらへんのWalmartなど。ついこないだ、女性アーミーがWalmartで買い物してました。基地(base)に近い場所柄だったら分かるけど、なんでわざわざ迷彩服でぶらぶらするんだろう。訓練とかの帰りだとしてもさ。日本ではみられない光景。

たくさんの迷彩柄だったか、深緑のごつい車が何台もガソスタに止まってて、迷彩服

もっとみる

ファーストインプレッション

Is there any position available on weekend? と閉店前に20代前半の男の人が飛び込んでききた。

「週末だけだと厳しいと思うけどオーナーが決めることなので今度CVを持ってきたら渡しておくよ。」と述べた。そうするとちょっとめんどくさそうな顔をして、「裏のキッチンの洗い場でも掃除でもいいんだよ。」でもそんなポジションはない。

彼はとりあえずモカをオーダーして

もっとみる

火曜日がお得なスポーツバー

ST.LOUIS
Canada wide

ホッケーやバスケの試合のある日は店内のTVで放映されるため、盛り上がるスポーツバーです。

曜日によってスペシャルメニューがあります。
目玉は火曜。チキンウィングスがハーフプライスに。

1lb(約500g)が普段$14なのですが、ハーフプライスの$7。なので、火曜日は学生、インターナショナル生もたくさん。

フライつき。ディッピングソースは多種

もっとみる

パブ=クラブ=カラオケ #カナダ あるある

カナダにある程度の期間住んでいる人は日本で行ったことなくても大概クラブに遊びに行く機会があると思います。ガッコの先生だって「今週末はパブ?クラブ?」というくらい日常的。日本のカラオケみたいなノリ。

日本で数回行ったことあったけど、友達から一時も離れたくないって感じでした、怖くて。若かったからかな?

渡加初期住んでいた家から歩いて30秒くらいのところにハウスメイトとよく行っていたクラブがあり

もっとみる

最近食べた茶色い料理

トップ画は本文とは関係ないです(←いつもだろ)科学者が研究室で最先端生み出す仕事してる姿だけど、ファンキーすぎ。カッコいいわ。流石に超頭良く見える。ニュースについてたやつでヘッドラインは“殺生せずにミートが食べれるようになる”、とかって話。大豆とかからではない、完全な人工肉ができたのかな。

さて、最近食べた北米茶色フードを紹介。飯テロの逆ですね。珍しいでしょ。

これはグリークフード。日本でい

もっとみる

私が今まで出会ったゲイさんたち3

ショッピング中もよくゲイさん店員見かけます。例えば私が愛していたBath & BodyWorks。くね系(くねくねしてるw/respect)ゲイさんが ”hiiii, Sweetie, how are you?”とナチュラルに話しかけてくれます。ダウンタウンのタイレストランにも化粧した男性店員が数人働いていました。ちなみに背高くてめちゃめちゃイケメンです。

日本人女性の好みってやっぱおしゃれ

もっとみる

バリスタ生活 in ニュージーランド

店を円滑にまわすために休憩のタイミングが重要となってくる。できるだけアイドルタイムにスタッフに休憩にはいってもらいピーク時には人数をそろえてのぞんでいく。が、時にはうまくいかないときがある。

休憩に一人はいった瞬間に混みだすことが多くある。当初はなんでこんな忙しいのに従業員が休憩にいってるんだというプレッシャーを感じてしまうのではと思っていた。

がしかしニュージーランドではたとえ混みだしてサー

もっとみる

中国と日本の文化や習慣の違い

断食が終わった後の1週間の中で4日間も飲み会でした。笑

もう誘わないで〜ってぐらい飲み会が続く。これも中国ならではの文化です!そして飲んでいる時に、中国と日本の文化や習慣の違いを感じることがよくあります。

酒は自分のペースで飲めない

自分のお酒なんだから自分のペースで飲みたいのですが、そういう飲み方はしない。コップの底でテーブルをコツコツと叩いて、「さあ飲もう!乾杯」という具合で1杯目。それ

もっとみる

私が今まで出会ったゲイさんたち2

なんかの集まりパーティーで、中性的な感じの日本人彼氏のいた白人カナディアンゲイさん友人Aと仲良くなった。カナダで流れてるNHKだけで日本語を独学で習得。愛の力ですよ。外人が‘漢字’の読み書きできる=本気。友人Aとの会話は基本日本語でした。

遊びに行って、友人Aと写真撮ると、必ず写り方をチェックして「この写り嫌だからもう一回!」とこだわりが厳しいです。自分だったらこれ以上写りよくなりようないしめ

もっとみる