なんであんなに迷いたかったんだろう

私が小学生くらいのとき、流行ったアトラクションがある。




なぜだか日本各地にできた、「巨大迷路」。

どこもかしこも、巨大迷路。
何か遊園地などのほかのアトラクションを併設しているわけでもなく、ただただその“迷路”だけを運営しているというもの。

お客さんの目的はただ一つ、巨大迷路に入って、ゴールから無事に出てくること。
入り口でタイムカードを押して、出口でも押して。
いかに早くゴールにたどり着けたか、がポイントになるんだった。


でも一方で、迷うことに疲れた人、小さな子どもが飽きてしまったり緊急事態?のとき用に、

根性なしの出口

というのもあったっけ。
私の妹は、すぐにそこから出たがったなぁ。

途中には高台に登れるルートがあり、そこから下にくねる道をひたすら見下ろして、出口までのルートを確認したものだ。



あれ、なんで流行ったのだろう。
そしていつの間にやら、なくなった。

みんな、色んな場所にできた巨大迷路にこぞって出かけていた。

なんであんなにみんな、迷いたかったんだろう。


きっと流行った時代には、あまり迷うことなんてなかったのかもしれないなあとふと思う。

決められた安定した道をひたすら進む。
何も迷わなくていい。
脇目も振らず、真っ直ぐに。
そうすれば必ずたどり着くところがある。

だから、敢えて迷いたかったのかな。


今の時代、迷うことばかり。
迷わない人なんていない。
みんな迷子なんだと思う。

そして決められたゴールになんてつく人は、前よりも少なくなったんじゃないか。

ゴールだと思っていなかったところに着いたり、
道をひたすら迷っていたら、なんとこんなところに抜け道があった、なんて新たな道を見つけたり。

みんな、道なんて最初から決められてないって、ゴールなんて決められてないってわかったんじゃないか。

もし、今巨大迷路を作るのならば...
昔と同じようなコンセプトなら誰も行きたがらないはずだ。

ゴールは決められてなくて、
そしてきっと、最後の最後に高台に登れるようになっていて、

今まで辿ってきたルートを見ながら、
ああ、なんて私らしい進み方なんだ!
寄り道しまくったけど楽しかった!

なんて思える迷路ならば、
私は行ってみたい。

#巨大迷路 #流行 #昔 #ルート #ゴール #出口 #薬剤師 #つぶやき

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでくださりありがとうございます。サポートしてくださったお気持ちは、またnoteを書くためにホッと一息つく時間に大切に大切に使わせていただきます。

またいつでもいらしてください♡
24

Me'sotes

健康や医療、生き方の心地よい着地点を考えている薬局薬剤師で二児の母。日頃頭をよぎる他愛もない事を中心に書いてます。記事は朝更新中。ランニングと字を書くことが趣味。日本の真ん中辺り在住。段々こってり系は受け付けない年齢になってきたけれど、実は昔から結構こってりしたものが大好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。