ルート

SS苦しい暗闇のトンネルを抜けて〜それと便座カバー〜ルートQ/R/S

――まえがきのあとがき――
 リクエストもあり、追ルート少し描けそうなのでそうします。全員のお名前が公表された際はまた描けるかもしれません。(7/29未明)

 お知らせは四日間の空白の後、Twitterと共に再開されました。

 誰も文句は言わないというのにも、関わらず。

 有事の際は日常を取り戻すのが大切と専門家は言う。

 回復したから日常生活をおくれるようになるのか、

 日常をおくるか

もっとみる

2019/6/16 午後16時15分頃のブラブラ

あまりに雨の日が続くので「このまま秋突入ありうる?」
なんてことも考えてしまっていたのですが、ようやく梅雨明けが見え…
天気予報が雨の時には可能な限り出かけないことにしている自分としては、「やっとでかけられる~」というのが本当に正直な気持ちです^^;

そんなこんな…
先月中頃、用事の帰りにブラブラして東京駅前の様子を見に行ったついでに撮影したものをド・マイペースでお送りいたします。

こっち側か

もっとみる
スキのリアクションありがとうございます!励みになります^^
1

なんであんなに迷いたかったんだろう

私が小学生くらいのとき、流行ったアトラクションがある。

なぜだか日本各地にできた、「巨大迷路」。

どこもかしこも、巨大迷路。
何か遊園地などのほかのアトラクションを併設しているわけでもなく、ただただその“迷路”だけを運営しているというもの。

お客さんの目的はただ一つ、巨大迷路に入って、ゴールから無事に出てくること。
入り口でタイムカードを押して、出口でも押して。
いかに早くゴールにたどり着け

もっとみる

地図が読める女

明日、用事があってバイクで片道50分ほど走る予定です。

通る道をGoogleマップで調べてみて、イメージをふくらませる。最近はBluetoothのイヤホンで音声でナビを聞きながら走ることができるから、初めて行く場所にもかなり快適に到着できるようになりました。

割と地図が読める女だと自負しております。出発する前に地図で大体のコースを頭に入れておけば、それだけでほとんど移動できる。一度通った道なら

もっとみる

南米大陸1ヶ月周遊ルート

南米大陸は!頑張れば1ヶ月でだいたい回れる!皆、南米に行こう!

雑なところは見なかったことに。
ともかくこれが実際に旅したルートです。
コロンビア→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→ブラジル

※チリ→アルゼンチン以外は全て長距離バスを利用しています。

これでマチュピチュやウユニなど超有名どころは勿論、各国の主要な観光地はだいたい回れました。

配分や利用交通機関についてはまた

もっとみる

ゴールは一つでもルートは一つじゃない

誰かについていく必要あるの?

すごく捻くれているかもしれません。わたしは人気者があまり好きではありません。音楽でいえば、デビュー前のインディーズを応援したい。

どうしてだろう。デビューしてしまったあと(人気が出たあと)の彼らって、だんだん気持ちに余裕が出てくるんだと思うんです。

たくさんの人がわっしょいしてあげて、盛り上げてあげて、スーパースターに持ち上げて、そんな光景に少し冷める。だったら

もっとみる

NATO軍の悩み?

アメリカ軍やNATOなどの軍事テクノロジーの記事をたまに見ているが、この記事は久々になるほどって思った。

ざっくり解釈してみると…

1.電子認証でさっさと国境通れないと援護が遅れてしまう

大陸続きのEU、どこかの国が有事の際(例えば、ロシアが攻めてきたとか)、国境越える手続きで手間取り援護が遅れてしまうという課題がある。

電子認証でさっさと国境越えられる様にしたい。

2.軍事と民間の(

もっとみる

2019/01/24 一生に一度は行きたい街道

Kindle Unlimited の一覧をつらつら眺めていたら面白そうな本を見つけた。

1章から「一生に一度は行きたい街道」というのがそそられる。
その街道がどこに行くのを目的として出来たのか?というのを、歴史の資料と一緒に紹介されている。

東海道五十三次は、完全に同じ道ではもちろんないけど、国道1号線として走ったので、「あの辺りが・・・」と、思えるのが面白い。

次に走るコースを選ぶときのた

もっとみる