見出し画像

恋はデジャ・ブ:自分の箱から出るための方法

フランスのユーゴ・ゲランHugo Gélinという若い映画監督が、影響されたといっていたので、ハロルド・ライミス監督の1993年の映画『恋はデジャ・ブ』(Groundhog Day) を観た。

2月2日の、日本でいえば啓蟄、節分は、アメリカではグラウンドホッグ・デイという。グラウンドホッグつまりウッドチャックは、マーモットの一種、まあネズミかモグラみたいな動物である。2月2日にグラウンドホッグが地上に出てきて、晴れていると自分の影が映るので、びっくりして穴に戻ってしまう。曇っていればそのまま出てくる。

つまりグラウンドホッグが冬眠から覚めて春がくるのは、晴れていると遅くなる、という占いみたいなお祭りである。発祥はドイツらしい。

ビル・マーレイはテレビで人気の天気予報官で、このお祭りの取材のため、ペンシルバニアの田舎町にやってくる。自分はスターであると思っているかれは、傲慢に周囲をバカにしている。ひとりで高級ペンションに泊まり、プロデューサーのアンディ・マグダウェルとカメラマンは、ビル・マーレイが罵倒する安ホテルへ。

ところがかれは、穴にもどってしまうグラウンドホッグのように、永遠にこの日から出られなくなってしまい、冬に閉じ込められたままになる。朝6時の目覚ましを止めて起きると、毎日2月2日。2月3日が来ないのである。前の日にやったことは、朝起きるとすべてチャラ。振り出しにもどっている。

シナリオではかれはこれを、3000回くらい繰り返したことになっているらしい。10年間ずっと同じ1日を繰り返した、ということである。

最初は何をやってもいいんなら羽目を外せと、線路の上で車を走らせ、警察につかまって留置所に入れられる。朝起きるとまた自分のベッドに戻っているので、最初かれはやった、と思う。

つぎは女性を口説きまくるのだが、そうしているうちにじつは、好きなのはアンディ・マクダウェルだ、と気づく。そこで今度は彼女を口説き、1回ごとに彼女の好きなもの、嫌いなものを学習していくが、どこまでやっても嘘くささが抜けなくて、彼女にビンタされて終わる。

絶望したかれは何度となく自殺をくりかえすが、次の朝になるとまたベッドで起きている。死ぬこともできないのだ。スター気取りの自己中男も、同じ日を3000回も繰り返していると、さすがにいろいろ学んでくることがある。

かれはピアノを習いはじめ、ゼロからジャズピアノまで弾けるようになる。他人に関心のなかったかれが、人助けを始め、おばあさんたちの乗った車のパンクをなおし、ホームレスのおじいさんにお金をあげたり、ごはんを食べさせてあげたり、病院にかつぎこんだりするようになる。

つまりどんどんいい人間、いい男になっていくわけである。策略ではなく、自分そのものの中身が変わっていくことによって、アンディ・マクダウェルはどんどん、かれに首ったけになってくる、というわけ。

ハロルド・ライミスはこの映画のアイディアを、ニーチェの永劫回帰の思想から得たという。来世で救済されるために、いま我慢するのではない。いまこの瞬間を、日々を、充実したものにしていなくては、日々の繰りかえしに耐えられない。あとでくる救済への担保としての人生ではなく、いまを生きる、ということ。永遠に現在というものしかないのだ。

同じことの繰りかえしとは、じつは多くの人が生きていることである。ビル・マーレイがやっていることは、その誇張された戯画にすぎない。同じ日ではないけれど、同じような日々。

日々の単調な繰りかえしを、受動的にではなく、主体的に引き受ける。箱の中から出るエネルギーは、一期一会にいまを生きる日々の、気づきと行動のつみかさねによって、つくられていく。

という哲学を、日々実践に落としこむのは、もちろんたいへんなこと。この映画ではビル・マーレイが、3000回くらいやればジャズピアノも弾けるようになるし、人格もよくなり、アンディ・マクダウェルも落とせるよ、と言ってくれている。

#恋はデジャブ #GroundhogDay #ハロルドライミス #ビルマーレイ #アンディマクダウェル #啓蟄 #節分 #2月2日 #映画 #コメディ #ラブコメディ #ニーチェ #永劫回帰 #田中ちはる

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!😃
4

田中ちはる

映画・文学文化研究者。近畿大学文芸学部教授。ただいまロンドン、パリなどに在住。子どものころから一貫して興味を持ちつづけていることは、ライフ・ストーリーとコメディ。人々が自由に個性を発現できるような世界のスタイルを希求しながら、人間と文化の研究をつづけています。

映画

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。