見出し画像

出汁がら昆布に実山椒と海老。



実山椒と海老と冬瓜。炒め物
のレシピの際にも書きましたが、青山椒は私の好物のスパイスの一つです。包丁でザクザク切り潰しながら香る清涼感と、舌の上でピリッとする存在感がたまりません。

いま時期は生が手に入りますが、年中使えるように冷凍保存もしています。麻婆豆腐や今日のレシピの昆布の煮物などによく使います。

「オゴウの家ごはん」では昆布と鰹節でとった出汁をよく使用します。
しっかりと出汁を取った後の昆布や鰹節、捨てるのはもったいないので、別の料理に使っています。「山椒昆布」「海老昆布」もその一つです。使用後の昆布を冷凍しておいて作っています。

今回昆布の量が多かったので、「山椒昆布」と最近出会った美味しい花えびと生姜を使って味違いの「海老昆布」も作っています。味付けのベースは同じです。2種でも、また気になる方だけでも是非作ってみてください。

よかったら是非こちらの記事も。「オゴウの家ごはん」の万能だし

それでは。


※普通の昆布で作らないでください。もったいないのは勿論、旨味が強いし粘りもすごいのでいいことはないですよ!


材料・調味料 分量
・出汁で使った昆布 好きなだけ
◎山椒昆布
・実山椒 大さじ1(お好きな量で調整してください。)
◎海老昆布
・花海老 好きだなだけ
・生姜 1かけ

├ 酒 1/2カップ
├ 水 1カップ
├ 醤油 大さじ4
├ 砂糖 大さじ1と1/2
├  みりん 大さじ1/2

1.素材をカットする。

昆布は2mm程度の千切りに。

2.素材を煮る。
カットした昆布をフライパンに入れ、酒1/2カップ、水1カップ、醤油大さじ4、砂糖大さじ1と1/2、みりん大さじ1/2を入れ水分が半分ぐらいになるまで煮ます。ここから半分は実山椒仕上げ、半分は花えび仕上げにします。

3.更に煮詰めて完成。
・実山椒昆布

水分を半分飛ばした昆布に、ザクザクと包丁で潰した実山椒を入れ水分がなくなるまで煮詰めて完成です。


・海老昆布

花海老は先にさっと油で炒めておきます。※香ばしくさせる為です。
水分を半分飛ばした昆布に、さっと炒めた花海老とマッチ棒状にカットした生姜をを入れ、水分がなくなるまで煮詰めて完成です。


常備菜としてオススメです!

出汁で使用した昆布、実山椒を使ったその他のレシピ


花えびは愛媛の石丸弥蔵商店さんのものを使用しています。
ー 私に料理を教えてくれる人ー
小河雅司 
元赤坂ながずみ店主
〒107-0051 東京都港区元赤坂1丁目5−3
TEL 03-5410-1919

ーお店のことやプロフィールー
EPARKグルメ(お店のこと)
食べログ(お店のこと)




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです☆ありがとうございます。
65

ogochiho

東京在住のグラフィックデザイナー。和食の料理人で元赤坂ながずみ店主の夫のもと家で料理修行中。夫が作った家庭料理のレシピと作り方『オゴウの家ごはん』が中心です。商品開発レシピ考案、パッケージデザイン等のご依頼はこちら→ogonoiegohan@gmail.com

「オゴウの家ごはん」

6つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。