安川電機の2019年2月期通期決算を読む~下値めどはいくらか?

今回はサーボモータとロボットの大手、安川電機の決算をみていきます。


安川電機は一般向けには知名度があまり高くありませんが、工学関係のお仕事の方や投資家層には抜群の知名度を誇る企業です。


たとえばこんな感じのものを作っています。


この動画で動作しているロボットは安川電機のMOTOMANです。

さらに、その制御をするユニット、その制御に忠実に従うサーボモータも安川電機です。

むしろ、このサーボモータの技術と事業こそが安川電機の中心とも言えます。



近年、中国市場の工業化、自動化需要の伸びを受けて、同社のロボットやサーボモータの需要は爆発的に拡大。

業績の後押しとなってきました。


しかし、ここもとは中国の過剰債務問題解消への取り組み、いわゆるデレバレッジの動きや、米中貿易戦争の激化の影響を受けて中国の設備投資が低迷。

安川電機の業績にも影響が出ています。


とりあえず、今回はそんな安川電機の業績動向を中心に、各種政府統計や個人的な下値めど見通し、投資判断などを書いていきたいと思います。


まずは、軽く決算内容からみてみましょう。


この続きをみるには

この続き:4,187文字/画像32枚

安川電機の2019年2月期通期決算を読む~下値めどはいくらか?

chusotu0721

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

chusotu0721

twitter: @chu_sotu blog: https://chu-sotu.net/ なお、記事内容などに関する質問・連絡などは記事コメント欄にお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。