見出し画像

時間をかけたものが、良いものだとは限らない


「気合を入れて書きました!」
「全力で書きました!」

だなんてよくツイートしちゃってるんですが、これ、だからって「良い記事だという保証」にはならないんですよね。悲しいことなんですが。

キチンと構成を練って、読者層を考えて、取材して、撮影して、レタッチしてもらって、校正して、カンペキに仕上げた記事よりも、感情にまかせて、涙を流しながら深夜に書きなぐったブログなんかのほうが、よほど反響が来たりする。前者に200時間、後者に30分かけたとして、反響はまったく時間に比例しないというのが、インターネットの悲しくも面白いところです。


「記事を作るのに、何時間くらいかけてますか?」とよく、本当によく聞かれるのですが、これに答えるのはむずかしい。感情がちゃんと乗っかっているとすぐに書けちゃうし、それが見つからないと全然、本当に全然進まない。

「どうすればバズりますか?」という質問もよくありますが……たとえば誰かの不満を代弁するだとか、とにかく量で有益さを担保するだとか、ある程度の正攻法があって、確率を上げることは出来ても、「絶対」なんてものがないんですよね。


でも1つだけ確実に言えることがあります。記事に何人もの人が関わり、たくさんの赤が入って、主語や感情がかき消されてしまった記事は、絶対に誰の感情も揺さぶりません。

すごくわがままに、本心のままに、恥ずかしいほどにえぐり出した記事ほど、誰かに強く響く。

「こんなことに共感してくれる人なんていないでしょ」

と思うようなことでも、インターネットの広さを舐めることなかれ。クラスのなかで一人ぼっちだったとしても、全国の教室の片隅に、涙を流しながら共感してくれる人はいるかもしれません。


ここ最近、ずっと「Webライターになるのは簡単だ」「今の時代、誰でもWebライターになれてしまう」だなんて言われています。


この続きをみるには

この続き:1,573文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
買い切りタイプなので、1度お買い上げいただければ、追加課金などはなしで、ずっと読むことが出来ます。単品で購入した場合は総額1万3千円相当の記事が入っております。つまりとってもお得です( ˘ω˘)

およそ2年間運営してきたマガジン「記憶に残るインターネットの使い方」のポジティブ廃刊にともなって、これまで人気のあった記事だけをおまと...

または、記事単体で購入する

時間をかけたものが、良いものだとは限らない

塩谷舞(mai shiotani)

190円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、文化的投資に使いたいと思います!

インターネットの中で出会えるってすごい確率ですよね
193

塩谷舞(mai shiotani)

オピニオンメディアmilieu編集長。大阪とニューヨークの二拠点生活中。1988年大阪・千里生まれ。京都市立芸術大学卒業。大学時代にアートマガジンSHAKE ART!を創刊、展覧会のキュレーションやメディア運営を行う。Webディレクター・PRを経て2015年からフリーランス

「記憶に残るインターネットの使い方」46記事おまとめパック

およそ2年間運営してきたマガジン「記憶に残るインターネットの使い方」のポジティブ廃刊にともなって、これまで人気のあった記事だけをおまとめしました。メディアを運営している方だけではなく、フリーランスのクリエイター、PR、マーケター、事業主の方々など、幅広い方が購読してくださっ...
4つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。