CXOってどんな仕事なの?

お仕事についてのお題が出てたので、自分も参加してみた。

noteを運営するピースオブケイク社のCXOって、実際のところ何やってるの?というお話。


CXOのXは、エクスペリエンス

CXOとはChief Experience Officer(体験の最高責任者)のこと。

体験、つまりサービスを使って感じたことや、記憶したことを演出設計するお仕事です。使いやすい、楽しい、良さそう、わかりやすい、ワクワク、ドキドキ、がっかり、嬉しいはおろか、記憶もバズも、全部がユーザー体験です。

一般的にUI/UXと併記されるため、「アプリを使いやすくする仕事」と思われがちですが、これは間違い。「ユーザーの体験」なので、UXの守備範囲はもっと広くなります。

なので、お仕事の範囲は、「サービスを認知し脳細胞が発火した瞬間」から、「サービスを忘れてしまうまで」。その間、サービスに関して脳内で発生するあらゆる記憶と感情、その全てをいい感じにすることです。

アカデミックな定義は違うかもしれませんが、自分はそう考えてお仕事をしています。


具体的には、どんなお仕事をしているの?

基本的にはサービスとユーザーの接触面すべてを扱います。そのためストラテ、デザイン、マーケ、PR、CS、パートナーシップ、イベントなど、色々な場所に横断的に顔をだして、お互いを繋いだりしていきます。

色々なところに出没するので、突然やってくるメンドくさいオジさんにならないように、ドキドキしながらやっています。

特にスタートアップであるピースオブケイク社は、まだまだ人が足りません。このため、超横断的なムーブになりがちです。実際、この1年で下記のようなことをやっていました。


グロースモデルの定義
noteというサービスがどういう構造でグロースをしているのか? を皆にわかる簡単な図にしました。一番最初にやった仕事。

いったん「コンテンツパワー」「発見性」「継続性」の3つを柱として、どのような仕組みでnoteをグロースしていくのかの、大きな素案を立てました


カイゼン体制の提案
サービスの成長は、回転頻度と打席数という哲学のもと、超高速でPDCAを回しつづけるチーム編成を提案しました。 ウィークリーでボコボコとカイゼンしていくやつですね。 また、「UNDOできる失敗は、失敗ではなく実験」という哲学のもと、どんどんチャレンジを推奨してます。


MVVの策定
企業(サービス)ミッション・ビジョン・バリューの策定。1月のあたまにワークショップをやったりしました。noteのミッションは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」ですね。
本当はカルチャーブックなども作らにゃアカンのだけど…ちとリソースがたりてないので手をだせてません、反省。


ユーザーとあって遊ぶ
お茶会を開いてユーザーとあったり、ユーザー有志のやるゲーム会、写真会、グルメ会などに遊びにいきます。そこでユーザーと一緒に遊んで、肌感覚をアップデートします。みんながnoteの何を良いと思っているのか、大事にしていることや、直して欲しいところなどは、直接ユーザーと触れ合わないとなかなかわかりません。データ至上主義ダメ絶対。

ここがズレるととても怖いので、忙しくてもできるだけここを大事にしたい。


SEOの推進
「読んでもらえること」はクリエイターの体験の中で最優先です。noteのSEOがちょっと弱めだったので、ここのテコ入れの提案など。ここは本来は守備範囲外なので、10社ぐらいをコンサルしてる経験上、鉄板ぽい手法を提案します。それなりに成果は出てますが、できれば辻御大のような、その道のプロに引き継ぎたいです。


デザインチームの人員計画素案
僕がジョインした時点では、POCにデザイナーは1人しかいませんでした。スタートアップではデザイナを少なめにしがちですが、僕はスモールチームでも、エンジニア3人に対して1人ぐらいの数のデザイナを推奨しています。

現在noteでは、フルスタック可能なフロントデザイナ2人、リサーチやまとめもできるデザイナ1人、ブランディング系のアセットを作れるデザイナ1人…といった具合です。 

ぶっちゃけ、世の企業は雇用しているデザイナが少なすぎると思うので、もっともっと増やして行きたいです。


中期経営改革のお手伝い
これは僕単体ではなく、ボードメンバー全体で合宿をしました。僕はファシリテーターとしてお手伝い。サービスのあり方とビジネスのあり方のバランスとりなどを、ちょびっとお手伝いしました。


noteを書く
これはひたすら書きます。1年で200記事ぐらい書いてました。やっぱ自分で書かないとわからないですもんね。


日経新聞との投資ディールの提案
「単なるお金でなく、シナジーのある株主を」と社長におねだりして、一緒に日経新聞に行ったり(日経さんは、もともと僕のクライアントなので、スムーズにいけました)。

共同でサロンや、comemoの引越しなど、提携のスキームの大枠の絵図を描いたりしています。


クリエイターサクセスを整理
もっともクリエイターを大事にするサービスと、内外ともに宣言するために、クリエイターのキャリアパスやサクセスパスの設計をします。よい才能を出版社やテレビ局に紹介したり、企業に紹介するスキームを描いて、みんなで上昇する世界観を作ります。


サービスのUIのコンセプトスケッチ / 監修
要所要所で、コンセプトスケッチを書いてslackに上げていきます。ただ、大きくはデザインチームに任せていく方針。自分の意見を通したいというよりは、「とりあえず思いついたら、なんでもスケッチを書いてslackに放り投げる文化を作りたい」という感じです。


オフィスの雑貨選定
オフィスにマッチする調度を選定します。IKEAや無印、フランフランなどを中心に購入(スタートアップなので、カッシーナはまだ無理)。低予算でシャレオツなオフィスを作るお仕事。

また予算がはみ出した部分は、私費でNoritakeさんの絵を買ったり、私物のタロアウトさんの絵や、リサ・ラーソンの陶器なども持ち込んだり、もはや壮大なボランティアと化しています。


みんなが言いにくそうなこと、経営陣に言っとく
偉い人に、そっちちゃうねんというお仕事。

「金はガソリンだ」と言い続ける
キャッシュは目的地にいくためのガソリンであって、ゴールじゃないと言い続けます。お金はサービスを永続化させたり、発展させるための手段レイヤー。

「UNDOできる失敗を恐るな」と言い続ける
偉い人がリスク回避型すぎると、サービスの速度が止まります。UNDO可能なら失敗なんて恐る必要ないと言い続けます。そんなことより、動けなくなることだけが脅威。


…といった感じでしょうか。上の方の人が無双してる会社は、脆いところもあるので、2-3年かけてフレームワーク化し、権限を移譲して、「窓際でブログ書いてるおじさん」になりたいと思います。

あまり参考になるCXOではありませんが、そんな感じです。

このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 頑張っているnoteチームのみんなに、回らないお寿司をご馳走しようと思います。

嬉しいー(お返事がランダムに出せるようになりました)
607

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
17つのマガジンに含まれています

コメント2件

いい仕事してくれてる。やる気が出る。次のNoteもうじき書きあがって載せるから見てください。あ、よかったら a+u 579 号の NBBJ (Amazon のオフィスとか設計した会社) 特集、”What we care about” っていうとこ、見てみてください。POC と業務は違うけど思想が近い。
すごい仕事を始める人がいるもんだなと思いました!
実際やる前に明確な成果が見えなかったりタスク化出来なかったり、仕事にならないのではってとことで行動できなくなっちゃう可能性もあると思うんですけど、そこを行動量などで破壊していけるところに魅力を感じました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。