up Tsukubaのひと

つくばでみんなが集う場をつくります。コミュニティマネージャー2人が綴る日々のこと、考えたこと。

コミュニティに飽きた (1/5)堀下

最近は、場にいて如何に「関係性の可視化を多層的かつ複雑系的に紡ぎ出すことができるか」が、ぼくの関心事。

とか言えばそれなりに”格好がつく”かもしれないんですが、その実ちょっと”コミュニティ”と呼ばれるものに飽きてしまいました。

2019年はじまったばかりのところから不穏な空気で申し訳ないのですが、一切の批判的な内容を含んでいない(つもり)ですし、むしろ超絶前向き(いつも通り)です。時期もいいで

もっとみる

冬の間、受付時間を変更します。

up Tsukubaおかみのえもとです。つくばに来て初めての冬に慄いています…! 個人的には、バイオリズムに合わせた働き方をしたいし、それが広まればいいと思っています。

そんなわけで現在7:00-20:00のドロップイン・見学受付時間を12月から2月の間は8:00-20:00とさせていただきます。1時間ずらします。ウィンタータイムです。

正直なところ、ビルの暖房が8:00までつかない、というの

もっとみる

10月のup Tsukuba

・営業日数:28日
・延べ来客数:526名(イベント参加/見学等も含む)
・ドロップイン/イベント売上:\170,500
・1日平均ドロップイン売上:\2979

課題:
・会議室利用の広め方をどうにかしたい
・フライヤの作成(紙もの販促ツール)
 →依頼済

よかった:
・クラファンで知った、という一定の層がいる
・すでに常連さんがいる
 →販促としてのクラファンの効果
 →前々夜祭やオープニン

もっとみる

1週間が終わった。#今週のあっぷ

反省とハプニングと雑感まとめ

反省
・フライヤーがない
・看板がない
・手待ち時間の長さ
・会員さんとイベントどうこうの兼ね合い

ハプニング
・ラヂオつくば出演
・初日に会員さん獲得
・市長をお招きしてイベント開催、江渡さんが登壇
・えもと色々やられる
・藤井せんせいのお子さんとちょっと仲良くなる

その他
・HP更新するのがたのしい!
・つくば民度高い
・ロゴが愛おしい

反省

・フライヤ

もっとみる

おおきくなったら、○○になりたい (9/5)江本

ずっと準備していたつくば駅前コワーキングup Tsukubaの解体現場お披露目パーティを開きました。

解体現場でのイベントにも関わらず、ひっきりなしにひとがいる幸せな幕開けとなりました。ここから始まります。応援してくださるみなさま、本当にありがとうございます。

さて今回は、ハイパー個人的なオープニングレセプション回想です。

元子さんのこと

オープニングレセプションで、スーパーVIPが出席し

もっとみる

DAY 24

8/24(金)
お昼から東京へ

丸の内そのいち

シーナと一平時代からお世話になっている筑波大OBの方とごはん。

なんか今不安なこととか心配なことある? と聞いてくださったので、「ずっとつくばのひととの関わり方がまだ見えないです」と伝える。

車社会ゆえか、小さいお店が少ないのがつくば。小さいお店が少ないと、店主がひとをつなぐ、みたいな役割を担っているところが東京に比べて圧倒的に少ないというこ

もっとみる