じっきゃん

カに1年、スで8年暮らしていました。今は某外国語大学でフをメインに韓とスもやってます。そんなだらだら漫画描き、就活がせまっててやばいです。
固定されたノート

意気込み

最近流行ってると聞いたので始めてみました。
漫画描いてて思ったことや、ネタになりそうなこと、社会へのどうでもいい個人的見解、授業聞いててほーんと思ったこと、後は好きな音楽について時々話せればいいかな、と思っています。
ただ思考の八割りが漫画についてだから多分ここも比例してそうなります。
だらだら駄文、つれづれなるままに書くよ。

絵を描くこと

絵を描くことはアートだと思われている。
まあ、アートとしての側面も強いんだけど、
絵を描くことは元来それだけではない。

絵を描くことは記録だ。
科学の実験で絵を描いたり、アイデア案を描いてみたり。
そうすることの意味は、現実に近い状態でアウトプットすることが、本人の視野を明確にするからだ。

だから、昔の学者はずっと絵を描いていたし、それは写真がなかったからだけど、実際には多分色んな利点があった

もっとみる

ニムロッドを読んで

2018年芥川賞受賞作、ニムロッド(上田岳弘、講談社)を読んだ感想を書きます。
うーん、うん。
良いところはすごく良いけど、
嫌なところは嫌な作品でした。

多分評価が別れるのはそこだと思います。

ではまずいいところから。

なんといっても思想が良い。
うーん、なるほど。なるほど。
思想というかこの人の持つ根本の社会哲学や考え方はすごく良いと思う。
そこは多分ピカイチで、不気味だけど現実感があっ

もっとみる

『わたしを離さないで』を読みました

わたしを離さないで、つい昨日読了しました。今更。

うーーん、すごく良かった。
良かったなあ。
うーん、良かった。

が感想です。

緻密に作り上げられた世界観、人間関係。
素晴らしい。。
最近、自分の物語の中の惹かれる要素のひとつに、緻密さがあるな、と自覚したところだったので、
すごく刺さりました。

物語の設定や描写の緻密さってリアリティに直結するので、ちょっとした表現がものすごく大事だなと思

もっとみる

「すごいものを描かないといけない病」について

「すごいものを描かないといけない病」それは恐ろしい病気である。

この病気にかかると、新人漫画家は漫画が描けなくなるという。

ていうか漫画以外でもよくあることだ。

いや、これ正直めちゃくちゃわかります。
しかし、しかしですよ。

素直になった瞬間、病気は直る。とか、
原点に立ち返って素直になるといい、
とか
悩んで描かないのは馬鹿だ、とか 

それには わかるけど、わかるけど!
猛然と反抗した

もっとみる

コマ割のこと/テンポの話

コマ割というか構図の話です。

この前「北北西に曇と行け」の一巻の冒頭2、3話を分解してて気づいた話をします。

なんとなく、シーンをテンポ別に分類して、
カメラがどのくらいの割合で引いてて、どのくらいの割合で近づいてたか調べてみたところ、

アクティブなシーンでは、
一気に引いて、アップ、アップっていうコマの並びが多かった。
ロング化、アップ化、アップ化、ロング化、アップ化、アップ化
みたいな

もっとみる