FUKUKOZY

福田晃司. デジタルデータと建築が融合すると何が起こるのかをウォッチングしたく,Unityなどをいじりつつネットサーフィンする日々. xRと建築のコミュニティ「xRArchi」. 人類の生きる空間を考える「VRAA01」開催中!→http://xrarchi.org/vraa1/

「ノートルダム大聖堂をいかに再建するか──リノベーションの創造性を考える」五十嵐太郎×加藤耕一メモ

2019年6月4日にゲンロンカフェで開催された五十嵐太郎氏と加藤耕一氏によるイベントの内容メモ.

※筆者解釈なので、事実誤認等ありましたらご指摘ください

2019年4月15日(現地時間)に発生したパリのノートルダム大聖堂の大規模火災は、フランス国内にとどまらず世界中に大きな衝撃を与えた。

12世紀に建設が始められた初期ゴシック建築の傑作である大聖堂は、その美しさは勿論のこと、ナポレオンの戴冠

もっとみる

都市を味わい尽くす─『MOMENT1:-able City』

MOMENTはあらゆる地域・分野を横断しながら、新しい都市のあり方を探索する人たちのためのトランスローカルマガジンです。

***

シンク・アンド・ドゥ・タンク「Re:public」が新しくスタートしたローカルマガジン「MOMENT」を読んだので,軽く雑感を.

「トランスローカル」

MOMENTの目指すところは新しい「都市」のあり方を目指す,ことであるらしい.
創刊にあたって寄せられた文

もっとみる

「想像力」を鍛える─建築ジャーナル2019年5月号「建築+情報技術=?」

情報通信技術の進歩は目覚ましく、私たちの生活は今やそれらに頼り切っている。建築設計の現場でも手描きからCADそしてBIMへとツールは進化、拡大し、今後ますます情報技術を扱う場面が増えていくだろう。しかし、新しいものへの拒否反応か、情報技術のために失われる「何か」への恐れのためか、いまだ建築界の情報技術への抵抗感は強い。
一度手にしてしまった技術は捨てられないし、情報化の流れは止まらない。手にしたこ

もっとみる

いったいどうなってんの!?─『WTF経済 絶望または驚異の未来と我々の選択』

人工知能、自動運転、オンデマンドサービス、ギグエコノミー、補助拡張された労働者など、最先端のテクノロジーがもたらす予想もできなかった事物によって、ビジネス、政治、そして「職」はどう変わっていくのか、また、人間中心の未来を作っていくために、我々はどんな選択をするべきなのか。出版、カンファレンス事業で、テクノロジーのトレンドを先取りし、「シリコンバレーの予言者」と称される著者が、オープンソース・ソフト

もっとみる

複数の世界を横断する─点群、自動運転、フォトグラメトリ、ゲーム

機械が認識するための世界、限りなく現実に似ているけど「楽しさ」を追求されるようになった世界、現実の雰囲気だけを取り出したような世界...etc

現在、私たちの肉体があるこの「現実世界」を起点として、さまざまなバージョンの世界が生み出されるようになっています。
世界が複数あることをきちんと認識し、それらをうまく享受しながら複数の世界を横断的に楽しむ、そんな時代がくるのではないかと思わされます。

もっとみる

最近読んだマンガ【4月・Kindle】

アイドルマスター シンデレラガールズ ニュージェネレーションズ

アイドル志望の島村卯月・渋谷凛・本田未央の3人が、さまざまな出会い・お仕事・レッスンを通して成長していきます───!!

今更?って感じ。
描写が丁寧でとてもよかった。きれいに完結するので安心感ある。

アイドルマスター シンデレラガールズ あんさんぶる!

大人気ソーシャルゲームが4コマになってヤングガンガンにデビュー☆
100

もっとみる