見出し画像

ジャニー喜多川さんのお別れ会からお葬式を考える

先日ジャニーズ関係者のみの「家族葬」でジャニーさんのお葬式を終えましたが、9月4日:東京ドームにて他関係者・一般の方向けの「お別れ会」が行われました。

芸能人史上初:東京ドームでのお別れ会です。
規模の相当なものになりました。
※中日スポーツより

今回改めて感じたことは、影響を大きく与え、色々な方々との交流も深い方は「やはり身内のみのお葬式は難しい」と思いました。
やはり他人であっても、生前にご縁があった方であればしっかりとお別れはしたい。

日本は本当に弔いを大切にする良い文化を持っていると思います。

お葬式には故人の想いを繋いでいく「継承の場」の意味があると私は考えています。
元々故人への感謝と弔いを行うために送り出す儀式が「お葬式」ですが、

「残りました次の世代も先代と変わらないお付き合いをお願いします」と
いう意味もあるのです。

亡くなる方が極端に増え、核家族化・価値観などの変化で
「本来のお葬式の意味」を見失いがちになっている現代ですが、今こそ改めて弔いや人生の「質」について考える時代になったと私は思います。

終活・相続・事前のお葬式対策・お墓・遺品整理などのご相談は下記へ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わざわざありがとうございます!😌
2

葬儀終活アドバイザー:冨安達也

生前から備える葬儀・終活・相続の「業界初の葬儀終活サポート事務所:クロノリンク」代表。https://chronolink.net/元葬儀社社員。厚生労働省:一級葬祭ディレクター最年少取得者「費用抑制と後悔のないお葬式対策」「法人の為の事業承継・社葬対策」などを提案。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。