げるたま

ライヴペインティング•Mural(壁画)アーティスト。ターナーアンバサダー。様々な表現のフィールドで自己の脱皮の可能性に挑み続ける極彩色を愛するアーティストです。

仮面メタモルフォーゼ

げるたまは私ががむしゃらにアートする(生きる)為のマスク(仮面•覆面)だ。マスクをつけると私は、限りない能力を発揮する。違うチカラ。衣装がもたらすチカラ。変幻。変身...

脱皮による喪失

‪珍しい感覚かもしれないが、絵を一枚描くたびに自分の時間が進んでいる感覚になる。だから無闇矢鱈に描かなければ若い精神のまま、濁りも汚れもない色彩で生きている。一...

脱皮:思考の脱皮はいつだって人の愛が存在するからだ

10代の頃の一時期は、自分に降りかかった災難や何かしらの今の世での生きづらさ、外界と上手く接続されない悔しさなどネガティブなパワーをぶつける対象として作品を作って...

五月病の讃歌

‪世界中がアート(思想)にまみれて。‬ ‪たくさんのエゴイズムの乱立に視覚を焼かれ、空白の時を失い。心の余暇を失い。窮屈で、窮屈で、窮屈で、‬世界中が大嫌いになる...

賢者と仙人と大天使

ある人達とのlineのやりとりを3年分ぐらい読み返した。自分の進歩のターニングポイントにはいつもこういう、キーパーソンなる存在が居て、たくさんの試練と教訓と葛藤と喜...

世界が虹色に見える時

胸の中に 輝き騒めき。 張り詰めた想いの糸が 水に溶けた綿菓子のように 解け 甘い香りを放つ。 良き作品に挑めそうな前触れは いつもこんな感じ。 甘い匂いに興奮して 眠...