deco~凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きていく、プロテスタントのクリスチャンです。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることをエッセイにまとめていきます。🌸はてなブログも書いてます!こちらもよろしくね!!!https://www.gifteddecoboko.com/
固定されたノート

はてなブログの更新はほぼ毎日行っていますが、noteは遅めのペースです。
ブログにエッセイを投稿次第、こちらにも追加していきます。
よろしくお願いします!

はてなブログアドレスはこちらです:
www.gifteddecoboko.com

遊び仲間は「作る」もの、友達は「出来る」もの

こだわりが強過ぎるとよく言われるが、私の中で、

「遊び仲間」と「友達」は
別存在なのだ。

 

 一緒に遊べるぐらいなら、もう友達で良いのではないかと周りは言うが、この両者には根本的な違いがある。

遊び仲間は「作る」ものだが、
友達は「出来る」ものなのだ。

 

 遊び仲間でいる為には、多くの条件が必要だ。

 

 相手と趣味を合わせなければならない。
 話で盛り上がれるよう、流行りのト

もっとみる

悪童の私が情弱になった訳

幼い頃、私は近所で有名な悪童だった。

 爆竹に点火し、バスケットボールコートに投げ入れたり、
 男の子と一緒に女の子のスカートをめくりに行ったり、
 高いところから色々な物を落として、それぞれどういう風に落ちるのかを観察したり、
 室内でバケツの水をひっくり返し、スケートごっこしたり、
 ベランダから大量の紙飛行機を一気に飛ばして庭じゅう真っ白にしたり……

 

 ヒヤッとさせるような危険な遊

もっとみる

大雪の日の思い出

とある2月の寒い日。
 朝早くから私は傘をさし、大雪の中を歩いていた。

 

 向かう先は、パソコン教室。

 

 ーー私は、元所属していた部署になじめなかった。
 仕事も追いつけず、ストレスと罪悪感で押しつぶされそうな日々。とうとう耐え切れず、泣きながら会社に異動を申し込んだ。
 その後、ようやく新しい部署に着いた。

 

 その頃の話である。

 

 新部署ではExcelを使ったデータ

もっとみる

怒られるうちが花

粗探しのように生徒の不足に目を付けては、叱りつける。
 どこの大学院にも、必ずといって良いほど、こんな教授は一人ぐらいはいただろう。

 

 私が通っていた大学院にも、そんな厳しさで有名な教授が一人いた。
 その教授はブログを運営していたが、研究課題関連の記事だけでなく、何か院生に対する不満や、「いまどきの若者のけしからん」ところをもつらつらと記事の中で述べていた。
 耳が痛くなるような内容が多

もっとみる

他人を見失う「寂しさ」、自分を見失う「寂しさ」

一般的にいう「寂しさ」は、他人とのつながりが薄れることによって起こる気持ちを指す。
 あまりにも周りの人との交流が少ない故に湧いてくる感情だ。

 

 けど、それとは逆に、大勢の人と一緒にいる時に襲われる寂しさもある。
 パーティーや飲み会で、ふと虚しく感じてしまう、あの気持ちだ。

 

 それについて不思議に思っていたが、ひょっとしたらこれは自分とのつながりが薄らぎ、

自我を見失ってしまっ

もっとみる