太宰治

桜桃忌 前日

ねぇ先生
ねぇ先生
小説を書くって何でしょう?
命を削る繰り返し
開かなければ、傷つかないけど
開かなければ、書けはしない
生を見詰める繊細さは
死への願望を鮮明にしていく
背けて居なければいけない事を皆、知ってるの
鈍感であることの優しさ
でもね
そんな虚ろに呼吸をするだけなんて
死んでいるのとどう違うというのでしょう
連れて行って
先生の側に

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

至福
18

合法ロリ

物書き 心赴くまま ねぇ、セックスよりも手を繋ぎたい Twitter→ @gouhourorir gouhourorirori@yahoo.co.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。