見出し画像

【続報:逆王手2回双裸玉】19.09.10. (x3_ヽ)_

7月に初めて玉方からの逆王手が2回出現する双裸玉(下掲)が見つかったことを報告しました。

画像1

しかし残念なことに、そのNOTEに書いています通り、詰め手順中19手目に▲3五桂/▲1五桂の非限定がありました。香・角・飛を離した場所から打ち(いわゆる以遠打)、その後の詰み手順に影響を与えない場合であれば問題は無いのですが、桂を左右のどちらかから打つという手は盤の中央に行くほどその後の手順に影響を与えやすい性質を持っています。上図の場合、たまたま桂の打ち場所が違っていても他の詰み手順(余詰)が発生しなかっただけであり、個人的には余詰と言われても仕方がないほどのキズだと捉えています。そういう背景がありまして、完全作か、あるいはキズが軽微な逆王手が2回出現する双裸玉の探索を続けていました。今回はその続報となります。

見つかった図は、全25手中の22手目に変同が1ヶ所ある図でした。上のように同じ駒(香)が2回とも逆王手するものではなく、2種類の駒を使った逆王手が繰り出されるため、双裸玉としてはおそらく史上初めての発見になるだろうと思われます。更なる探索研究のために、投げ銭をいただければ以下の非表示となっている配置と解説をセットでご覧いただけます。この酔狂に興味がある方はどうぞ。

この続きをみるには

この続き:2,968文字

【続報:逆王手2回双裸玉】19.09.10. (x3_ヽ)_

はる筆線屋

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

手書き毛筆欧文フォントを手作りするはる筆線屋と申します。フォント作成以外には、自分の感性を切り口にした様々なエッセイを書いています。「面白い見方だな」と思って頂けたらサポートをお願いいたします。それを糧に、エッセイをまた書かせていただきます!

( 'ω' ).。oO(恐れ入ります...
1

はる筆線屋

手書き毛筆欧文フォント&Tシャツ作りをしている ”はる筆線屋” と申します。こんにちわ。 他には、自分の感性と知見を切り口にした哲学や科学、コーヒー、 答えのない問題などのジャンルについて綴ったエッセイと、 あと詩的なことも書いたりします。お手柔らかにお願いいたします。

個人的にふつうの詰将棋

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。