11月27日発売【まいにち哲学】の中身公開

11月27日にポプラ社より発売となる「まいにち哲学」のデザインが出来上がりました!!!皆様にいち早くお見せしようと記事にまとめてみました。


表紙のカバーデザインはこちらになります。

尚裏面はこんな感じ。


この「まいにち哲学」のコンセプトですが、カジュアルに哲学者の教えに触れて毎日を過ごしてもらうにはどうしたらいいのか…?と考えた結果

「日めくり」式で毎日一ページづつ読める本にするのがいいんじゃないかな!と思い、制作した本になります。

本ですが、内容は日めくりカレンダーのように、一ページ一名言が366ページあるつくりになっています。登場する哲学者も、古代ギリシャから現代まで多数集めました。

制作にあたっては、哲学者の言葉をとにかく集めまくりました。哲学書をひたすら読んで500個ほど言葉を集め、その中からキャッチーなもの、面白いもの、強烈なものを編集者さんと一緒にピックアップし、言葉の解説文をつけるという作業を半年ほどかけて行いました。面白いけど、意味が重複する言葉や、日常とはあまり関係がなさそうな言葉はなるべく省き…厳選した366個が載っています。ボツにしたものも含めると80冊以上の哲学書を参考にさせていただきました。結構ヘビーな作業量だったのですが、その甲斐あって日常に刺さる言葉が集められたと思います!


このように一日一ページで進んでいくのですが曜日は入っていないので2018年に限らず毎年読めるようになっております。「誕生日はどんな言葉かな?」「記念日はどんな言葉?」と探してみるのも面白いと思います。

尚、「まいにち哲学」には月ごとのテーマがあります。テーマに合った言葉を集めているので、気になるテーマの月を読んだり、パッと開いてみてランダム性を楽しむこともできます。

あと、2500年前からの哲学者の言葉をあつめていますが、より現代的に、日常的に感じていただきたく…本にはさまざまな仕掛けが施されています。

さまざまな仕掛けはまた追ってご紹介していきますが、そのうちのひとつにインスタなどのSNS映えできるデザインを隠しておきました。

「まいにち哲学」はカバーを取ると、、

なんと!!このような洋書風のデザインになっていて「まぁまぁ難しそうな洋書」を読んでいる感覚が味わえる仕様となっております…!!!!

「まいにち哲学」は今をときめく超人気デザイナーの佐藤亜沙美さんにデザインいただき、とてもエッジの効いたアイデアをたくさんいただきました。ありがとうございました。

「まいにち哲学」の発売日は11月27日なのであと一ヶ月ほど先ですが、Amazonでは予約開始いたしましたので是非よろしくお願いいたしますー!!まいにちのお守りになるような言葉が満載となっております!



■9月30日発売 哲学ワークと性格診断テストで「わたし」を徹底分析し、才能を成長させる

  「日々の悩みが消える哲学手帳2018」(週間ダイヤリーに哲学者名言入り)

手帳の詳しい内容はこちらに載ってます→https://note.mu/haradamariru/n/n53b1d411922e

■11月27日発売 366日。日めくりで哲学者の教えと出会う

「まいにち哲学」


■京都本大賞最終候補ノミネート。11月3日より小学館コミックサイト「モバMAN」内にてコミック連載スタート!一度きりの人生について考える、哲学エンタテイメント小説 

「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」


■オンラインサロン

DMMラウンジ「この哲学がスゴい!」

https://lounge.dmm.com/detail/242/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

原田まりる

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。