アズマリム

今聞いてほしい!Vtuberのオリジナル曲 PART1

こんばんは。

出版甲子園実行委員会、編集局所属の凜です。

早速ですが、みなさん、Vtuber好きですか?

ていうかまず、Vtuberって知ってますか?

私は知ってるし大好きなんですが、よく知らない人とか、多少興味はあっても何から見ればよく分からない人とかも結構いると思うんです。

まあ全く知らない人への説明はWikipediaに譲るとして、今回は「多少興味はあっても何から見ればよく分からな

もっとみる

歌うVtuber①-2

続き。

【かしこまり】

upd8所属。相方はタンバリンのパンディ。力強く、ハスキーな歌声を特徴とし、ジャズやボサノバみたいな雰囲気の歌を得意にする。「やさしさに包まれたなら」など。

ヨルタマリなどの企画でがさつで気の大きいねーちゃんみたいな役回りを演じ、パンディをぞんざいに扱ったりする一面もある。往々にしてテンション高い、みんなを笑顔にする、楽しい一回りお姉さんがかしこまり(通称:ちゃんまり

もっとみる

Vtuberはきぐるみなのか?

今回の話ではVtuberという枠組みの細かい定義はしません。
二次元のキャラクターを使ってYouTube等で活躍している人達の総称として考えています。

今回こういう話を言語化してまとめておこうと思ったのは
にじさんじゲーマーズの"笹木咲"が卒業として活動を引退することになったことと
"アズマ リム"の本人の意志と所属している企業での考え方の齟齬が物議を醸したこと
この二点が重なってもやもやと考え

もっとみる

2018年SF大賞 『アズマ リム本人』

アズマ リムのTwitterアカウントより11月8日の1時~2時にツイートされた内容につきまして、アズマ リムを応援頂いているファンの皆様、協業他社様、関係者様、同業他社様にご心配、ご迷惑をお掛けいたしました事を深くお詫び申し上げます。

株式会社CyberVは、2018年5月よりVTuberアズマ リムの活動支援を行っております。
本件に関しましては、今後の活動などの話し合いを行うなかで、本人の

もっとみる

アズマリムさんの人格交代告発について思ったこと

やる夫路線来ない?

私は「AAで学ぶネット事件簿 補章 Kashiwagi Incident(柏木にょらー事件)」という今回のケースと似た架空の事件のやる夫スレを書いたことがあるので、意見を表明したいと思いこれを書いている。

さて、アズマリムさんの人格交代について概ねアズマリムさんサイドに同情的な意見があるようだが、次のような議論が続いている。
それはつまり、中の人の責任問題についてだ。

もっとみる

バーチャルYoutuberアズマリムの嘆きをどう受け止めるべきか。キャラクターとタレントの境界で揺れる向き合わなければならないこと

バーチャルYoutuberとは、端的に言えばアニメ的な外見をしたYoutuberだ。単なるキャラクターではなく、バーチャル世界で生きているYoutuberだ。インターネットに詳しい諸兄は目にかけたことがあるだろう。

出自からしてサブカルチャーとの相性が良く、数千人のバーチャルYoutuberが生まれ、企業が運営するものも少なくない。よくある広告塔としてのキャラクターではなく、あくまでも一つの人格

もっとみる

アズマリムの件、中の人がキャラクターの人気を人質に上層部を脅してるとも取れるし、単なる炎上商法の可能性もある(にじさんじ等と違って運営側にヘイトを集めるデメリットが小さすぎるから)。軽率に悪者を決めつけないことだ。

究極のメタ演出

背後から刺されかねないくらい不謹慎なことだけど、どうしても書き留めないと嘘になると思ったので書き留めます。
https://twitter.com/i/status/1060218795501842432

こうやって過去の発言に「もしかして……」とぞっとする瞬間は、紛れもなくある種の盛り上がりの最高潮で、『鳩羽』も『白紙』も『おなえ』も霞んでしまうほどのインパクトがある。

関連記事

もっとみる