アフリカ移住

アラフィフからのアフリカ移住 葛藤と決断

学生のころから英語嫌いだった私が、英語を駆使して人生を楽しむことに目覚めたのは20代のとき。少しベタかもしれませんが、国際恋愛がきっかけでした。

「海外で暮らしたい。」20代のころの私が思い描いていた夢。

そして、30代も残すこと数か月というタイミングで出逢ってしまった運命の人がアフリカンでした。

御年47歳。子連れ再再婚。数か月後にはアフリカ某国へ引っ越します。

文章にしてしまえばサラッ

もっとみる

ナチュラに生きてたらアフリカにたどり着きました

こんにちは、ファレス和香です。

ナチュラルな生き方について、いろいろな角度から発信するための場所として、noteを選びました。

夫がアフリカンです。
もうすぐ結婚7年目の国際結婚夫婦。

結婚前から決まっていたアフリカ移住を目前に、ナチュラルな生き方に大切な「コツ」や「気づき」についてシェアしていきます。

それから、ちょっと笑えて、ほっこりな国際結婚ならではのエピソードも。

アフリカ移住後

もっとみる

アフリカガーナへの移住!?

「アフリカに行かないか?」

そんな連絡を貰い取り敢えず話だけでも聞きに行こうと僕は東京へ向かった。人生の岐路に立っている。贅沢を言える立場でもない。稼ぐためならどの国へでも行くつもりだった。

結果として条件は非常に良いものだった。相手の経営者はアフリカだけでなくミャンマーでも事業をしており現地に詳しく、ミャンマー政府軍とガチンコで戦っているカチン軍とカチンへ行って酒を酌み交わした話などをすると

もっとみる

《商品詳細》アフリカ布♡PCケース

Jambo(こんにちは)、ケニア在住のリエ(@KawanoYOME )です。

RAHA KENYA第三弾商品!
<PCケース>の商品詳細を掲載します。

☆★完売しました!ありがとうございます☆★

《商品詳細》
①概要/種類
②価格
③お支払い方法
④お届け日
⑤配送方法
⑥注意事項
⑦ご購入方法/その後の連絡方法

ご購入前にご確認必須とさせていただきます。(なるべく端的に記載しました)

もっとみる

三大凶悪都市といわれる《ケニア/ナイロビ》移住してみておもう【治安】の話。

Jambo(こんにちは)、ケニア在住のリエです。

最近、「ケニアにいる人」という認知度が高まってきたのか、Twitter(@KawanoYOME)やInstagram(@rie.raha_kenya)でDMをいただく機会が増えました。《ありがたいーーーー》

中でもよく頂くのが【治安について】の質問。
「治安って悪いんですか?」
「何に気をつけたらいいですか?」
「女性一人で行っても平気ですか?

もっとみる

((就活60社落ち))した私がケニア移住し、【ブランドを立ち上げる】ことになった話。

Jambo(こんにちは)、ケニア在住のリエです。

不採用、不採用、不採用...。
社会の波に流されてなんとなく就活をした結果、ことごとく落ち、60社もの会社から不採用通知がくる失敗をしてから、私の人生の歯車が狂いました。

大学卒業後は一流企業に勤めてヒールをかつかつ鳴らし「できる女」風ふかすんだ。そしてお金に困らないイイ男をGETして親を安心させるんだ。私は安心・安定の道を鼻高々と進んでいくん

もっとみる

まず旗を立てることの大切さ

近くて細かい目標を立てると、達成確度が上がる。
けれど、遠くに旗を立てることを目指さなければ、
いつまで経っても美しい景色を見ることはできない。
そういう景色が先にある、その予感がなければ、
大半の人は希望が持てず、日々を熟すように進むようになる。
それ以上の視点がないから。
その人にはもう、きらきらした望みがなくなったから。
何歳のときになくしたかは人それぞれですが。

一歩一歩の短い目標と努

もっとみる

ケニアで旦那が起業!【アフリカ移住=ラッキー】とおもった嫁の思考

どうも、玉ねぎ嫁こと河野理恵です。

旦那がケニアで赤玉ねぎ事業を始めるに伴い、昨年会社を辞めて結婚し、今年2月に移住してきました。

そもそも「ケニアってどこ?」って聞かれますが、アフリカ大陸に所在してます。(日本から飛行機乗り継ぎ1回で23時間ほどの距離)

「なんでケニア?なんで赤玉ねぎ?なんで起業?」という問いに関しては旦那の管轄なんで、ぜひ旦那にDMしてください。(DM返すと宣言してます

もっとみる