表現は人を救う。

noteで自分の経験や考えを書き始めて3年ほど経つのだけど、その間いろんな人に読んでもらって、いくつかコメントも頂いた。

「心が軽くなりました」や「勇気をもらいました」と言ってもらうたびに、ネガティブなことも書いて表現することで誰かの役に立つのだなあとしみじみ思う。

表現は人を救う。

辛いことがあっても悲しいことがあっても、それを歌詞にして音楽をつくったり、苦悩や苦痛をダンスで表現したりして

もっとみる

デマから見つけた海外移住サービス

選挙前だからか巧妙なデマ

#発言の切り取り ができるというのは承知していましたが信頼できるとおもっていた人がこの #デマ を取り上げて意見をしていたこともあり、まんまと信用してしまった国会答弁があります。

安倍首相の「 **#富裕層の税金を引き上げるなんてバカげた政策だ** 」という発言です。

ちょうど #アメリカの富裕層 が自分らから税金を取ってくれといった発言をした直後に話題になった時

もっとみる

日本では長時間労働できないとまともな給料もらえないから海外に行きます

今日はちょっと最近考えていることをシェアします。

わたしがカナダに行くことを決めた理由のひとつに、「日本では長時間労働できない人はいい賃金をもらえない」というものがあります。

今まで数社で働いたことがありますが、どの職種でも定時以降も会社に残って残業できない人は評価されませんでした。

定時以降も残って仕事をする人 = 頑張ってる人

と評価されるんですよね。

でも本当なら「決められた就業時

もっとみる

「どの国に移住するべきか?」で悩み過ぎている人に伝えたいこと

インドネシアに住んで4年目になりますが、「なぜインドネシアなの?」とよく聞かれます。「バリがあるから?」とか「親日的な国だから?」とか「四季がなくて年中暖かいから?」とかよく聞かれます。

ですが、実はインドネシアじゃなければ絶対ダメ!という理由なんてないんですよね。

まさにこれなんです。

そもそもなんですが、人生で一度も暮らしたことがない国の良し悪しを、文字情報だけで比較して優劣をつけるのっ

もっとみる

日本でどこよりも早く、トランプ広場をレポートする。

2019年7月3日、イスラエルのとある町の広場が「トランプ広場/Trump Square」と命名されました。実際に行ってきたので、こちらの記事で紹介します。

経営者に、結婚出産でキャリアを捨てる事はないかと思ってたのに

OL時代の友達が、結婚して、嫌々ながら仕事辞める姿を見ていた。

私は、自分で経営してるし、仕事辞めたりはない話と思っていた。

しかし、勤めていても自営でも関係なく、結婚出産でのキャリアの諦めはあるんだと実感。。

絶対諦めないといけないと言うわけではないが、その匙加減は旦那さんによるよね。

旦那さんが戦闘きって働くのであれば、奥様は守りに入らなきゃいけない。

どちらがどれぐらいの割合で働き

もっとみる

第77回 松本亮一の近況報告とプチ情報

皆さま

お元気にお過ごしでしょうか?
また様々な出来事・発見等がございますので共有をさせて頂ければ幸いであります。

私の近況報告とプチ情報で独自の価値を見出し、
少しでもより良い生活・人生・幸せを感じて頂ければ嬉しいです。

・富士山にはてっぺんがあるが、
人生にはてっぺんはない

・山の湧き水には大腸菌あり
免疫ない人はお腹痛くなる との事。

・近況メールは色々な方からお話を聞いて書いてい

もっとみる
お読み頂き、誠にありがとうございます!! 松本亮一@ホーチミンより
4

Grasp!熊澤代表インタビュー:Grasp!の在り方:その人の生き方、大切にしているものを考えるキッカケを与えるキャリア・カウンセリング

Grasp!ウェブサイトのブログ記事はこちら。

Grasp!代表・熊澤がベトナムに来るまでの経緯

熊澤:ベトナムには1996年、学生時代に3か月間のバックパック旅行で初めて来ました。当時、戦後20年を迎えたベトナム戦争やカンボジア内戦に興味やシンパシーがありました。

カンボジアから入国し、中国・雲南方面に出国するまで、南北を縦断しました。

それ以降は、2011年にこちらに移住するまで一度も

もっとみる

人ができないと言うこと=できる

今までの人生で誰かから「できない」と言われて本当にできなかった試しがない。

たとえば髪の毛。

わたしは癖っ毛で髪が細くてふにゃふにゃしている。そして縮毛強制をかけていて、さらにブロンドにしたいという欲求まである。

髪の毛に関わるお仕事をされている方はご存知のとおり、ストレートとブリーチは最悪な組み合わせ。今までどの美容院でも「ストレートをかけてるならブリーチできません。無理です。髪が溶けます

もっとみる

本を読まない人=31に行っても一つの味しか選べない人。

どうもメープルたけるです。

以前の記事で僕の人生を豊かにしてくれた三つのことを簡潔に紹介しました。

今回はそれぞれを少し深掘りして紹介したいと思います。

第一弾、読書

読書は賢人たちの知恵やマインドセットを安価で学べる最高のツールです。中古の本であればアマゾンで1円で買えます。送料込みで201円。このことに気付いた大学時代の僕は一週間に4、5冊読んでいました。一週間で1000円程度でした。

もっとみる