キャンパスライフ

沖縄×大学生活 琉球大学生の1日を紹介

はいさい!
私の名前はWassamuです、いま琉球大学の大学生。
琉球大学生や元琉大生なら見なくても想像がつくでしょうが、高校生にとっては
琉球大学生の生活は想像がつきにくいですよね。
そこで今回は琉球大学での大学生活をご紹介します。
(注意:あくまでも私の経験で、個人差があります。)

生きる場所 (実家or学生寮orアパート)

生きる場所は、学生生活を大きく左右します。まずそれぞれの特徴をご

もっとみる

最近よく思うこと

なんか大学3年生になって、周りが一気に就活ムード出してきた。よく「夏休みインターン行くの?」とか聞かれる。うん。大事なんだろうな。私は文系大学生なので、特にやりたいこともなく、営業に就くのかなーとか適当な考えでのうのうと生活している。
意識高いのは素晴らしいことだし(皮肉じゃない)、就活早く始めるのは絶対にいいことだと思う。でも、意識高い感周りに出さないでくれ...。大学にはゼミも授業も知識・教養

もっとみる

予定なんてないのにカッコつけて嘘をついた高校2年目のクリスマス

某駐屯地から約16km、約30kgの背嚢(リュック)を背負い、4.3kgの小銃を担いで、事前に教官が示したルートを辿って山を一周するという訓練。

もちろん時間も指定されているわけで、早すぎず遅すぎず各ポイントを通過しなければならない。

まもなく折り返すか否かといったところで、同じ分隊の女の子が泣き崩れて失禁した。

そのとき私は、なにか文章を書きたいと思った。

とはいったものの、とくべつ音楽

もっとみる

女子に囲まれて過ごす4年間

私は女子大に通っていた。

当たり前だが、女子に囲まれて学生生活を過ごす。

先生も、女性の先生が多かった気がする。

朝、大学に向かう電車の中は女の子でいっぱいになる。

揺れると「キャー」という声が聞こえたりする。

大学前の坂道を、ヒールで逞しく登る。夏になれば日傘で道がいっぱいになる。

やはり、それを狙った置換が多かったのも事実。横道に露出魔が出たという話は多く聞かれた。

絶対数が多い

もっとみる

ぼっち傾向(?)の私なりの大学時代の昼休みの過ごし方・昼食

は、今考えるとずれていたのかな、と思います。
大学入学当初、自分のことや慣れない生活に精一杯で友達作りのタイミングを逃し、サークルや学部外に一応友達や知り合いが居るものの、肝心の学部に友達が余り居なかったのです
(その後少しずつ増えたりはするのですが、留学や中退、編入で先に卒業等で減ったりするのですが・・)。
特に一緒につるむ仲間も居ないので、ひたすら単独行動に終始していました。

そんな自分の昼

もっとみる

実感する”学歴と仕事”の関係

私は大学を中退して留学し、帰国後に通信制短大を卒業しました。

つまり4年制大学ですら無い上に、当然ながら有名大学ですら無いです。

私は、これまで学歴で困った事はほぼ無かったのですが、海外で仕事をしていると❝学歴がある程度重要❞であると実感する事があります。

もし、あなたが海外でのキャリア等を考えている学生や若い世代であれば、参考になるかもしれません。

1、海外就労には4年制大学卒が最低条件

もっとみる

大学に入ったらサークルに参加するという異性との出会い方法

大学に入ったら、まず間違いなくサークルに参加していくことが必要になります。サークルに参加することによって、特に楽しいことになります。異性との出会いが出てくるようになっているのです。異性との出会い方法にサークルの参加というものがあるというわけです。

異性との出会い方法としてのサークルの参加ですが、なにも同じ大学などの方との出会いだけを求めるというわけではありません。では、いったいどのような出会いが

もっとみる

サンノゼ州立大学のキャンパスライフを覗き見。書いてることはなるほど、わからん状態 笑

#サンフランシスコ #サンノゼ #キャンパスライフ #エンジニア

専門学校の非ススメ

3月が終わり4月が始まる。

新しい季節の始まりに毎年思うのは、「大学に行ってても良かったよなー」ということ。

自分は高校卒業後、専門学校に進学。
幼少期から母親の影響で映画館によく連れて行ってもらい、いつしか将来は映画の世界に入り込みたいと高校入学時には心に決めて親にも伝えていた。

高校3年の夏休み前に既に専門学校からは内定を取った。
受験シーズン真っ只中、学年主任の先生に「受験から逃げ出し

もっとみる