神殿のイメージよりも格闘場のイメージかな

アテネのパルテノン神殿を見て何を連想しますか?

コレかな?

それともコッチかな?

おじさん世代は2つを同時に思い出しました。

ところで皆さんはパルテノン神殿があるアクロポリスが大きな岩の上に建造されている事を知っていましたか?

私は平地の上に建造されているとずーっと勘違いをしていました。

あの広大な建物が、平とは言え、まさか岩の上に作られていたとは驚きです。

でも、高さ150mの巨大

もっとみる

こしがや田んぼアート2019

田んぼ・・穀物を栽培するために区画された農地。日本では主に稲田のことを指す。

米を主食とする日本人には切っても切れない大切な田んぼ。
その田んぼをキャンパスに見立て色とりどりの稲を植えて巨大な画を浮き上がらせる作品が田んぼアートである。

街の掲示板にキン肉マンが!

埼玉県越谷市の田んぼアート今年のテーマが「キン肉マンとラグビー日本代表の夢のタッグ」と知り、早速見に行ってきた。

いざ、東埼玉

もっとみる

オリックス・バファローズ 吉田正尚選手のバッティングフォーム解析

今日はマッチョマン吉田正尚選手のバッティングフォーム解析をやっていきたいと思います。

1枚目のフォーム

バッティングの最初の構えは人それぞれで色々な構えがありますが、良いバッター達にはいくつかの共通点があります。

1つ目は正確にボールの距離感を掴みやすくし、ボールを捉えやすくするために必ず

マッチョな両目で投手を見ています。

2つ目は次の動作へスムーズに移行できるように背筋が伸び、骨盤の

もっとみる

まだパロスペシャルかかってんの?という話

あの名作キン肉マンに出てくる
ウォーズマンの必殺技パロスペシャル
そのパロスペシャル
直ぐに外せるぜよという話。

青春という名の勘違い①

絵を描く事が子供の頃から好きでした。ガンダムやキン肉マン、北斗の拳、ドラゴンボールなどをよく模写していたのを覚えています。

オリジナルの漫画を描いたことはなかったですが、大学を卒業してから就職もせず、何も考えず生き腐っていた頃によく漫画を読んでいて、「自分にも描ける」と思いました。ギャグ漫画をです。

吉田戦車さんの「鋼の人」という作品が好きでした。古谷実さんやうすた京介さんの作品も大好

もっとみる

キン肉マンのルーズソックス

小学3年生ころ、私は、とても落ち着けない一日を過ごしたことがある。

どんな理由でかは忘れてしまったが、
私は、実家から程近いところに住んでいた祖母の家から、学校に通った時期があった。
祖母は張りきり、いろいろな世話を焼いてくれていた。

そんなある朝、学校へ行く支度をする私に、「いいものがあるわ」と、
ニコニコして祖母が言った。

私の足元を見ていたような気がしたけれど、どうしたんだろう。
そう

もっとみる

オバハンの着ぐるみを着た小学生男子と言われた私の笑かす日常 エピソード8「長男、私のツッコみに反撃」

長男(現在25歳)。
理屈っぽく、静かに…

そして、確実に!!

私の弱点、矛盾点を攻撃し撃沈させる
そういうタイプである。

だが、平面でつまずいてコケる、
家を出る直前までよく探し物をしている…

そんなアホな姿に
私のDNAを感じて
ニヤけるオカンです。

 そんな長男が16歳くらいの頃。
髪の毛のカットに行かず、放置していた。
 そのヘアスタイルを見て
私はキン肉マンのあるキャラクターが

もっとみる

ぼくがキン肉マンから学んだこと:第1回:キン肉マンは、いまが一番熱い!

どうも、キン肉マン世代・いしかわごうです。

いやー、熱いですねー。

何がって?

今年40周年を迎えた「キン肉マン」が、いま熱いんですわ!!

知らない人もいるかも知れませんが、キン肉マンは今も連載中です(現在は集英社「週刊プレイボーイ」運営のニュースサイトの『週プレNEWS』で掲載してます)。

そして40周年を迎えたということで、今年はいろんなイベントやグッズ展開もされており、キン肉マン世

もっとみる

ゆで理論は何故許されるのか?

※この記事において『ゆで理論』をキン肉マンのノリと勢いで追加される設定や戦法と定義します。

※この記事が投稿されるタイミングでお察しの方もいらっしゃるかもしれませんが、40巻中23巻で知識が止まっていることを先に断っておきます。なおネタバレも含みます。

キン肉マンが40周年ということでジャンプ本誌に読み切り掲載、さらに40巻分無料で読み放題ということで話題になりました。私もこの機会に読んでみよ

もっとみる