クラウル

命在るカタチ 「ひとつの終幕」(過去作品)

命在るカタチ/終幕
Onece of The End, " L i f e e x i s t f o r m "

 研究者として、月沢の幼少期の夢として存在している”未羅”。
 志半ばにしてこの世から消えた明美。

 月沢未羅
 そこに命は芽生えているといえる。
 既に存在する命を紡ぐことなど出来ようが無い。
 少なくとも、私にとっては。

 

       AM6:25

 朝。
 誰

もっとみる

命在るカタチ 第十二話「紅い季節から」(過去作品)

Life Exist Form-命在るカタチ
作 XERE & Kurauru

第十二話
「紅い季節から」

 プロジェクト”フェミニティ”と称される計画が持ち上がったのは、…13年も前の事だ。

 『女性らしく』を合言葉に、『テクニカルライフルーツ・コーポレーション』の所持する日本研究所において何年にも渡って続けられてきたある…自立能動型ロボットの計画である。
 その計画は、…そもそもはある二

もっとみる

命在るカタチ 第十一話 「新雪」

Life Exist Form-命在るカタチ
Wrote by / XERE & Kurauru

第十一話
『新雪』

 11月21日、テクニカル・ライフ・ルーツの技術・製品見本市を襲ったアクシデントは、警察の到着とともに速やかに幕を下ろした。
 事件はマスコミによってあっという間に広められたものの、対外的には「余興」だったとして扱われた。
 社長の基調講演に押し入った黒服の男達は姿を消し、足取

もっとみる

命在るカタチ 第九話「替わりゆくモノ」

Life Exist Form-命在るカタチWrote by / XERE & Kurauru

第九話
『替わりゆくモノ』

キィィィ…
「あら?…」
 玄関から響くドアの音に、美咲は振り向いた。
「柄咲ちゃん?」
 キッチンから顔を出すと、その傍らを、彼女の息子が通り過ぎて行った。
「……あら?」
 放心したようなふらふらした足取りで。
 青ざめた顔。
 幽霊のような存在感の無さで……
「どう

もっとみる

命在るカタチ 第八話「こころ」(過去作品)

Life Exist Form-命在るカタチ
Wrote by / XERE & Kurauru

第八話
「こころ」

   10月14日 (月) 雨

 今日、月沢未羅が学校を休んだ。
 彼女が私達のクラスメートとなってから約二週間、初めての欠席だった。
 それだけならともかく、涼野君まで様子がおかしい。
 窓越しに外を眺めて、やけにぼぅっとしている。
 ……高岡君曰く、
『涼野がぼぅっとして

もっとみる

命在るカタチ 第六話「秋風の吹く日」(過去作品)

Life Exist Form-命在るカタチ
Wrote by / XERE & Kurauru

第六話
「秋風の吹く日」

 それは、秋の風が吹く日の出来事。
「……と、いうわけで……」
 黒板に何事か書きながら、社会科の教師が続ける。
「20世紀後半から中国で実施された『一人っ子政策』の結果、人口の比率において、六十歳以上の高齢者が格段に増加し……」
 柄咲達の方に教師が向き直る。
「20世

もっとみる

命あるカタチ 第五話「天在地至」(過去作品)

Life Exist Form-命在るカタチ
Wrote by / XERE & Kurauru

第五話
「天在地至」

テクニカル ライフ ルーツ コーポレーション ジャパン
HA中央総合研究開発所 内 HA形態研究部

 広大な敷地の一角
 それは無機質なビルの一室
 ここはそんな場所だった。
「月沢博士」
 耳障りな、美しい、男の声。
「冴木君か……?」
 振り向きもせず、言う。
「はい」

もっとみる

命在るカタチ 第四話 『虹夢命』(過去作品)

Life Exist Form-命在るカタチ
第四話
「虹夢命(にじむいのち)」

…………………………
 

   ねぇ、ここ、何処かな?
 

 

 

 

 

何時からそこに有るのだろう……

         数え切れぬ揺らぎの中で

    ほんの少しずつ、膨らんで

そして
           硝子張りの殻を
       粉々に砕いて
……開けた場所……

 そこには……

もっとみる

命在るカタチ 第三話 「足音が聞える」(過去作品)

Life Exist Form-命在るカタチ
Wrote by / XERE & Kurauru

第三話
「足音が聞える」

 その日も俺は部屋でごろごろとしていた。
 やる事はあるようで実は全く無いようなものだ。
 勉強?
 そんなもの無視だ無視。
 何が悲しくて休みの日にそんなものやらなきゃいけないんだか……
 あいにく、俺は勉強なんか嫌いだ。
 やらされてる勉強なんか、勉強だと思わない。

もっとみる

命在るカタチ 第二話 日常の狭間(過去作品)

合作小説『命在るカタチ』(life exist form (Life's existe a Form))

第二話
「日常の狭間」

 ブラインドで光をさえぎり、光を落とした会議室。
 ここでは現在重要な会議が開かれていた。

 カシャッ カシャッ

 OHPのスライドに未羅が映っている。
 ゲームセンターの未羅。
 泣き出してしまう未羅。
 喫茶店でオレンジジュースを飲む未羅……

「……以上が

もっとみる