楽しく忘れたくもない。だから泣いた。/ソードアート・オンライン7 マザーズ・ロザリオ

ネタバレありです。

なんでこうも「病」というものは残酷で、人々を苦しめるはずのものなのに、どこか心動かされるものなのだろう。自分が当事者だったら絶対嫌な思いしかしないのに。

ユウキという女の子は天真爛漫で無類の強さを持つプレイヤーだった。誰に対しても健気で弱いところを見せない。とても優しく強い人間だった。

でもその実情は、あまりにも救いのない運命に翻弄される少女だった。

彼女の強さはどこか

もっとみる

おいでよ★ハーレム(6)|「きぃちゃんはラノベ作家になりたい。」

「きぃちゃんはラノベ作家になりたい。」は、ラノベ作家を目指す少女・きぃちゃんと、その友人の日常を描いたゆるゆる物語である!!

---✌---

●きぃちゃん:ラノベ作家志望のJK2。アホな子。

●桃ちゃん:いい子。

●青ちゃん:不思議ちゃん。

---✌---

前回までのあらすじ:「ハーレムものも書いてみたいなぁ!」ときぃちゃん。あれこれアイデアを出す3人だが……今回は「スラムのヒロイン」

もっとみる

マンガ家としての情熱を失わぬためにストイックになった翼は、小夢によって「年相応の女の子らしさ」を取り戻す|『こみっくがーるず』(14)

本記事は、アニメ「こみっくがーるず」を徹底分析する特集の……第14回である★

第1回:かおす先生を徹底的に理解したいのだ!!(大好きだから)

第2回:性別も年齢も境遇も違うけれど、でも彼女は私たちそのもの ~「オッサンオタク」としてのかおすについて

第3回:「WATCH MOE ANIME」の法則 ~もしもかおすがかおすでなかったら

第4回:かおすは、なぜ水着の上から腹巻を巻こうとするのか

もっとみる

067本当に望む生活✳インナーバルコニーの黄昏時

「海がみえるーーーー」

 開放的な大きな窓の向こうには、果てしない地平線へと続くオーシャンビューがキラキラと輝いている。

「エメラルドグリーンきれいーー」

 流石の仮想世界。理想的。

《クランのプライベートビーチもありますよ》

 頭の中でガイダンスの声がこだました。

「ぷぷぷぷらいべぇとびぃち?」

「プライベートなビッ……」

《チじゃございません》

《クラン専用の白浜ですね。赤く

もっとみる

少女マンガの主人公っぽい小夢は、ソフト百合的恋愛感情を通じて、マンガ家として成長する|『こみっくがーるず』(13)

本記事は、アニメ「こみっくがーるず」を徹底分析する特集の……第13回である★

第1回:かおす先生を徹底的に理解したいのだ!!(大好きだから)

第2回:性別も年齢も境遇も違うけれど、でも彼女は私たちそのもの ~「オッサンオタク」としてのかおすについて

第3回:「WATCH MOE ANIME」の法則 ~もしもかおすがかおすでなかったら

第4回:かおすは、なぜ水着の上から腹巻を巻こうとするのか

もっとみる

おいでよ★ハーレム(5)|「きぃちゃんはラノベ作家になりたい。」

「きぃちゃんはラノベ作家になりたい。」は、ラノベ作家を目指す少女・きぃちゃんと、その友人の日常を描いたゆるゆる物語である!!

---✌---

●きぃちゃん:ラノベ作家志望のJK2。アホな子。

●桃ちゃん:いい子。

●青ちゃん:不思議ちゃん。

---✌---

前回までのあらすじ:「ハーレムものも書いてみたいなぁ!」ときぃちゃん。あれこれアイデアを出す3人だが……今回は「NTR(寝取られ)

もっとみる

【半額&コインUP】講談社ラノベ文庫の特価セールと注目作品ピックアップ【アニメ化作品多数】

〇実質100円ちょい!? 講談社ラノベ文庫の特価セール

ただいま電子書籍ストアBOOK☆WALKERで講談社ラノベ文庫の対象作品が半額になるセールが開催中です。

コインUPも相まって、作品によっては実質100円ちょっとでラノベが買えますのでこの機会に買い込みましょう!

画像クリックでBOOK☆WALKERのセールページに飛びます。

〇注目作品・アニメ化作品ピックアップ

※画像クリックで作

もっとみる

フィクショナルライフ 7月15日(月)

今朝は一段と憂鬱だった。

この二日間、本業が忙しく、肉体的にクタクタになり、
身体がバキバキで朝起きるのがツラかった。
忙しい時というのは、フロー状態になり、よくもわるくもそのことに集中してしまう。
ふっと、忙しさの波がひいた途端に現実が襲ってくる。

退職まで、あと45日。。。

そう思った瞬間、またも胸の奥からザワザワと不安と焦燥が身体を支配していく。
肉体疲労によって免疫力が衰えている身体

もっとみる

第2話:小説家にあおう

【前回のあらすじ】
 200年の国防の任を解かれた魔女メイルゥは、汽車に揺られて新天地へと旅していた。

 標高の高さから季節に関係なく暖炉の火は欠かせない。
 石造りの壁に高い三角屋根。
 それが小説家エドガー・ナッシュの執筆小屋である。

「よく来てくれたね。さあコーヒーでも淹れよう」

 丸い眼鏡の奥にある青い瞳が、ひとの良さそうな笑みを浮かべた。
 会うたびにふくよかになっていく彼の腹回り

もっとみる

併読をさえぎるライトノベル

Kindle Unlimitedを3ヶ月間99円で契約中なので、たまにKindle Storeをのぞいている。
なんとなく見つけたライトノベル

情報系女子 またたびさんの事件ログ

最近の技術系ネタが使われているので、なかなか面白い。
機械学習とか自動化というようなことは、自分の周りでも動き始めている。
この本で出てくるような人たちが、どんどんこれからのシステムを変えていくんだろうなぁ。

でも

もっとみる