サステイナビリティ

サステイナビリティの本質を求めて。

近年よく耳にする「サステイナブル(Sustainable)/持続可能な」というキーワード。

2015年に国連総会でSDGs(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)が採択されて以降、色んな場面で使われることが増えたように思います。

前職がNGO職員ということもあって、私にとっても身近なキーワードです。

《ちなみに、デンマーク語SDGsのロゴはこんな感じ

もっとみる

Kamila's 4AM Artから新しいエコプロジェクトをスピンアウトさせます

ベトナムからスーツケースを持って帰国してきたのに、帰国してから立ち寄ったレストランで「スーツケースお預かりします」と言われて預けたまま、そのまま忘れて帰宅してしまった堀です。

ものを忘れやすい&無くしやすいというのが自分の欠点ですが、流石にスーツケースごと存在を忘れてしまったことは初めてですね。

どんだけやねん!とツッコミたくなります。

アートブランドとしてのKamila's 4AM Art

もっとみる

NYでサステナビリティが広がったワケとNYベースの企業のサステナビリティ取り組み例。

noteマガジン「ニューヨークアンテナ」ではNY現地で仕入れた最新マーケティング・サービス情報を紹介しています。ぜひ登録して下さいね!

みなさん、こんにちは。NY在住MBA学生ライターのユカです。
今回の記事ではSustainability (サステナビリティ) に注目して、NYでの現状をお伝えしようと思います。

目次:
1. サステナビリティとは? なぜNYでサステナビリティがトレンドとなっ

もっとみる

高校を退学してしまった子たちを探して〜CBB復学支援〜

数日前、トロップ地区を訪問した。

地区概要

行政区:コンポンチャム州バティエイ郡トロップ地区トロップ村/ポルセー村/トゥメイ村/トゥコウ村

支援内容:チャリ支援、住み込みトレーニング支援、衛生指導支援

地区特徴:出稼ぎが定着しており、みな小卒や中卒で、出稼ぎにいってしまう。

生活環境:村によって電気がなくバッテリー生活の家がまだ多い。水道もほとんど通っておらず、ため池が地域中にある。ため

もっとみる
好き好き好き
2
数量限定で販売中
残り 5 / 5

事例:CBB〜現地人だけで継続できるサステイナブルな開発を目指して〜

2019年5月から映像授業プロジェクトを再開した。

KDDI財団様からの助成により、新しい機材のみならず、現地スタッフの給料の一部も出して頂き、感謝感謝である。

機材編〜カンボジア人だけで継続できる環境作り〜

先日まで古い入門編の一眼レフをカンボジアで中古で購入して使用していた。古いことももちろんだが、本来ビデオ撮影に適したものではなかったため、操作や光の調整が難しい部分があった。そのため少

もっとみる
好き好き好き
7

日本人がピンときにくい「サステイナビリティ」を意識したアメリカのサービス3選

アメリカにきて、日本にいたときより圧倒的に聞くようになった言葉がある。「Sustainability(サステイナビリティ)」だ。

単純に訳せば、「持続可能性」。社会・地球環境・私たちの日々の暮らしを持続し、将来に渡り保護し続けるという概念である。下記のnoteが非常にわかりやすいので、興味のある方は全文読んでみて欲しい。

サステイナビリティ学は、持続可能性に関することであれば何でもその範囲に入

もっとみる
スキを押していただきありがとうございます!( ´◡` )
69

無関心なひとの心を変えること

ザンビアに来て、日本人の環境への意識の低さに顔を伏せたくなることがある。
どうして日本人はこんなにも環境への意識が低いのだろうか。

こんなことをいう私も、日本で暮らしていたときは、環境への意識の低さは底辺をさまようレベルで、完全に国際社会の流れから取り残された一人だった。

コンビニでもスーパーでも何の気なしに毎回ビニール袋を受け取っていた。たとえビニール袋が有料でもためらうことなく1枚3円のビ

もっとみる
Zikomo🇿🇲!
17

デザインと倫理[オンラインサロン]

Design and Ethics: Reflections on Practice
Edited by Emma Felton, Oksana Zelenko, Suzi Vaughan
Routledge (2012)

「デザインと倫理」この本の一章を執筆しました。とても重要なテーマですが、関連書籍が少なく、教科書になるような本がありませんでした。そこで、オーストラリアの大学でデザイン・建築

もっとみる
Thank you! シェアしてくださると嬉しいです!
2

就職活動への疑問

2019.5.14   Lemi

就職活動への疑問

安定や安心感を得るために、何かにしがみついたり、すがりついて生きることはしたくない。

就職活動をしていく中で、先輩や就活生が「内定○個持ってる」と聞くけど、質問してみると「本当は行く気ない」と返ってきたりする。安心材料としての「内定」だ。でも私は不思議に思う。本当は行く気ないのに、「どうして内定がもらえたの?」。
それに比べて、私がもらえな

もっとみる

今日の講義『サステイナビリティと人文知』味埜俊(みのたかし)社会文化環境学教授のお話最高だった。世界の中でわかることはわからないことより圧倒的に少ないのだ。そんな世界で何に価値を置くか。「日本にはグローバルな価値と違う価値を作るポテンシャルがあるけどメンタリティが無い」に痛感。