滝沢カレンが推したというオーガニック菓子、ビオランドの「ナチュア」がすげぇ

ビオランドについて

HP、facebookを見てもらえば想いがストレートに伝わりやすいと思うので省略。

HP(上)とFacebook(下)

このお店はオーガニック菓子、パンを販売するだけでなく

・Facebookで農薬の使用についての問題を投稿したり、

・「ナチュラルパンダ」という森の生態系を守る活動

をされていて、真剣にsustainable について向き合っています

だから僕もこ

もっとみる
スキって言われるとちょっと恥ずかしいです...(ポッ)
1

14日はカタルフク交換会へGO!

こんにちは。カタルフクのNonkoです。

皆様、台風の3連休初日いかがお過ごしでしょうか😓

天気状況や交通状況をよくご確認の上、外出されるようにしてくださいね!

オススメの過ごし方は、クローゼットの中の整理😉

もう着なくなってしまったけど、お気に入りのお洋服を仕分けして、ぜひ3連休最終日の14日(月・祝)にカタルフクの交換会へご持参ください🧡

🍂10月第5回洋服交換会🍂
10月

もっとみる

台風が近づいている。

台風が近づいている。気象庁では、昔より正確な予報がたてられるようになり、テレビは昨日から、今までにない大きな台風だと伝えてくる。電車はあらかじめ、運休の予定をたてる。今日予定されていた習い事も昨日のうちにお休みの連絡が来た。まだ、午前中なら行けないことはないんだけど、毎週楽しみにしているので、すごく残念なことだけれども、でも、見方によっては、すごく、いいことだと思う!

世の中全体が無理をしない方

もっとみる
ありがとうございます♪
5

エコ先進国のフランスには「断捨離」という概念が存在しない?フランス人のエコバッグ事情

by パケトラライター 大内聖子(フランス・パリ在住)

フランスでスーパーに行くと、すれ違う全ての人が自分専用のマイショッピングバッグを持って歩いています。これは日本で言うエコバッグですが、日本のものよりはるかに大きく、発売している企業ごとに斬新なキャッチコピーをプリントしているものもあります。更にとても丈夫で軽く、機能性に富んでいます。

フランスでは買い物をする際、プラスチック袋は日本と違い

もっとみる

自己紹介(出来るだけ自分をさらけ出します) ブログ紹介も!

書きたい事多すぎて文章にすると誰も読まなくなるのでできるだけさっぱり箇条書きまとめてきいます。

好きなこと

・鉄道旅行、旅行先での撮影、特に絶景好き

今度日本中巡りたいね、人もモノも自然も面白い!

・オーガニックレストラン巡り

これだけのために東京でいくことあるなぁ

・料理(もちろん素材は自然栽培!)

素材が違うと、作り手がポンコツでも美味しんだw

・読書

小説は「コーヒーが冷め

もっとみる
あしたもハーモニックライフ頑張ります
13

突然ですが、アンケート&リニュアール!

どーも!

夜眠れず色々考えてたら記事に書きたいことが増えすぎたので、ちょっとアンケートしよっかなーって思います

今までは食べ物中心で記事を書いていたけど、さらに幅を広げて「タガシュンのわがままブログ」としていろいろなジャンルを取り扱っていきたいなと思います。

いろんなジャンルの記事を書くことで見る人も普段見ない記事興味ないことに触れ新しい発見があると思います。まさに僕の初投稿の記事のような形

もっとみる
あしたもハーモニックライフ頑張ります
5

僕たちはプラスチックのゴミ問題と向き合えているのか

ふと他の人の記事を見ていたら気になったので

特に日本にいるとプラスチックゴミの問題なんてあるように思えない空気なので考えてみました。

マイクロプラスチックは盲点だよね

オーガニックの食品スーパーに行くと、テンションが上がってついついいっぱい買ってしまいます。(オーガニックチョコとか気づいたらレジに持って行っているのだけど、この現象は何!?)

この記事にこんなことが書かれてましたwこれ3週間

もっとみる
できるだけ毎日投稿するから見てねー
2

食を考える―デンマーク・コペンハーゲンの取り組み―

こんにちは。ゆーたです。食って大事。

今回はデンマーク・コペンハーゲンでの食にまつわる活動を紹介。

①Foodsharing Copenhagen

市内の大手スーパーマーケットやパン屋さんから販売することができない商品を回収し、それを毎週水曜日と土曜日に必要な人々に無料で配布している団体です。もちろん、配布前に食べられるものだけを分別します。食べることができない部分はコンポスト化されます。

もっとみる
ハッピ~~
4

SDGs時代の経営者が大事にすべきこと

どんなにGDPが増えていても、国民が苦しんでいたらその数値に価値はない。会社だって同じだ。⠀⠀

どんなに右肩上がりの売上を弾き出していたとしても、社員や取引先の人たちが苦しい思いをしていたら、ビジネスの過程で地球上の命を犠牲にしていたら、その会社は弊害しか産み出していない。⠀

重要なのは、売上を上げるその過程で、会社のメンバーや関わる人たちが幸せであれること、売上を上げることそれ自体が社会

もっとみる
ありがとうございます!

その優しさをもって環境問題を考える。

先日、長年使用していた電気ケトルを買い替えた。

新しいケトルを迎えるにあたって、私の中で「電気」という選択肢はなく、直火対応の物にすると決めていた。
これまで電気ケトルを使用していたので、その便利さは身をもって知っているのだけれど、どうしてもプラスチック製品を購入したくなかったからだ。

といっても、私は今まで徹底したプラスチックフリー生活を送っていたわけでもなければ、これといって環境保全に貢献

もっとみる
すてきな夢が見れますよーに。
2