テクノコント

週刊テクノコント、ラジオコント台本。

現在、AR三兄弟の川田十夢さんがナビゲーターを務めるJ-WAVE「INNOVATION WORLD」(金曜20時〜22時)内のコーナー「週刊テクノコント」(21時前後)にて、毎週10分弱のラジオコントをしております。マツモトクラブ、ラブレターズ、男性ブランコの芸人三組+構成おぐらりゅうじ、ワクサカソウヘイといった布陣で、映像さえ使えないラジオにて「未来」をテーマにしたコントを毎週お送りしているわけ

もっとみる

「『凄い!』と思われる未来のイメージは懐古主義的」という指摘に納得。

確かに「凄い!」より「面白い」や「生活感のある未来」を目指す方がAR的。

何となく電脳コイルの「近未来なのに懐かしい日常風景」を思い出した。

http://sp.ch.nicovideo.jp/wakusei2nd/blomaga/ar1628344

【インタビュー】AR三兄弟・川田十夢 〈芸能〉を拡張する――笑いの更新としての『テクノコント』(後編)

テクノロジーによってお笑いを拡張した舞台『テクノコント』を企画した、AR三兄弟の川田十夢さんへのインタビューです。後編では、初めて「死」というテーマを扱った意図や、舞台からのシングルカットとしての社会実装の可能性、他ジャンルの作家とのコラボから得ているものについて、お話を聞きました。(構成:米澤直史/菊池俊輔)。
※前編はこちら

捨てられた技術によって「死」を描く―『捨てスマートスピーカー』

もっとみる

【インタビュー】AR三兄弟・川田十夢 〈芸能〉を拡張する――笑いの更新としての『テクノコント』(前編)

テクノロジーによってお笑いを拡張した舞台『テクノコント』を企画・開発した、AR三兄弟の川田十夢さんへのインタビューです。『テクノコント』で、メディアアート的な枠組みを超えて「芸能」を志向した理由や、各演目に込められた意図、テクノロジーを通じた「お笑い」の表現の可能性など、さまざまなお話をうかがいました(構成:米澤直史/菊池俊輔)

『テクノコント vol.1 mellow Yellow Magic

もっとみる